大学出版部協会

 

 1605年火薬陰謀事件信仰とテロリズム

信仰とテロリズム 1605年火薬陰謀事件

四六判 444ページ 上製
定価:4,000円+税
ISBN978-4-7664-0967-3(4-7664-0967-1) C22
奥付の初版発行年月:2003年05月

内容紹介

1605年イギリスで、圧制下にあったカトリック教徒が、国王ともども国会議事堂を爆破しようとしたとされるのが、「火薬陰謀事件」です。イギリスでは今日にいたるまで、政治と宗教の問題として検証され続けている歴史上の大事件です。
本書は、この事件を、宗教とテロリズム(当時はまだなかった言葉)との関係という角度から新たに客観的に綴った歴史読物です。 弾圧されているマイノリティにとって、テロに道徳的基盤は見出せるのか?という今日的視点で事件を読み解きます。
著者は本国英国では人気のある歴史小説家。『スコットランド女王メアリ』等、邦訳もあります。


<著者紹介>  
アントニア・フレイザー(Antonia Fraser)
1932年イギリス生まれ。オックスフォード大学(レイディ・マーガレット・ホール)卒。歴史文学者。主な著書に、Cromwell: Our Chief of Men, 1973、Charles Ⅱ, 1979、Marie Antoinette, 2001、邦訳に『スコットランド女王メアリ』(中公文庫、1995年)、『ヘンリー八世の六人の妃』(創元社、1999年)など。

<訳者紹介>
加藤弘和(かとう ひろかず)
1934年東京生まれ。慶應義塾大学大学院文学研究科修士課程修了(英文学専攻)。慶應義塾大学教授を経て、名誉教授。現在、東北公益文科大学教授。主な翻訳書に、バトラー『《通夜》のあとに』(共訳、芸立出版、1983年)、ガードナー『想像力の擁護』(共訳、みすず書房、1985年)、エルマン『リフィー河畔のユリシーズ』(共訳、国文社、1985年)、エリクソン『アン・ブリンの生涯』(芸立出版、1990年)、アレグザンダー『マルク・シャガール』(芸立出版、1993年)など。

目次

  〈目  次〉


口絵
系図・地図
口絵図版一覧


著者覚書き

プロローグ 恵み深い治世の始まり

第一部 機が熟すまえに
 Ⅰ だれの頭に王冠を
 Ⅱ 誠実なパピスト
 Ⅲ 意見の相違

第二部 聖ジョージの馬
 Ⅳ 王とその子供たち
 Ⅴ スペインの慈悲
 Ⅵ ファエトンの如きケイツビィ

第三部 火が燃え猛り狂う道
 Ⅶ 荒療治
 Ⅷ 有害な火薬
 Ⅸ …危険性がある。
 Ⅹ 曖昧かつ胡散臭い手紙

第四部 発覚??神によるのか悪魔によるのか
 ⅩⅠ ミスター・フォークス、逮捕さる
 ⅩⅡ ゆるやかな拷問
 ⅩⅢ 火と硫黄
 ⅩⅣ この浅ましき者たち

第五部 死の影
 ⅩⅤ 反逆者の心臓
 ⅩⅥ ジェズイットの反逆
 ⅩⅦ 告別
 ⅩⅧ 悪魔のやり口か

訳者あとがき


参考文献
索引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。