大学出版部協会

 

国際比較調査の方法と解析

国際比較調査の方法と解析

A5判 520ページ 上製
定価:7,000円+税
ISBN978-4-7664-0956-7(4-7664-0956-6) C3036
奥付の初版発行年月:2003年05月

内容紹介

近年、「価値観」というテーマが社会科学の諸領域で再び脚光を浴びている。
 それに伴い、質問紙調査を中心とした人々の価値観の測定方法も進歩し、精緻化されつつある。
 本書は、「家族・仕事・結婚」「ナショナル・アイデンティティ」「宗教」「ウェル・ビーイング」「科学・技術・環境」「日本語」などのアクチュアルなテーマを取り上げながら、国際比較調査の方法と解析について、近年の成果と今後の課題を提示します。


関西学院大学社会学部教授(法学博士)。
1972年慶應義塾大学大学院博士課程修了。専門領域は、社会学・社会調査論・コミュニケーション論。著書に『社会・世論調査のデータ解析』(慶應義塾大学出版会、1993年)、『国際イメージと広告』(日経広告研究所、1998年)、Faset Theory and Studies of Japanese Society, Bier'sche Verlagsanstalt, Bonn, 2001. など多数。

目次


第1部 国際比較調査の方法

1 国際比較調査の系譜・現状・課題
 Ⅰ 価値観の研究の視座
   ——その測定の方法とリアリティをめぐって——
 Ⅱ 質問紙法にもとづく国際比較調査の現状と課題

2 国際比較調査における測定の等価性の分析
   ——レスポンス・スケールを中心に——
 Ⅲ 国際比較調査におけるレスポンス・スケールの等価性に関する研究(1)
 Ⅳ 国際比較調査におけるレスポンス・スケールの等価性に関する研究(2)

第2部 国際比較調査のデータ解析

1 家庭・仕事・結婚
 Ⅴ 家庭・仕事・結婚についての意識と行動の国際比較
    ——「ISSP国際比較調査」から——

2 ナショナル・アイデンティティ
 Ⅵ ナショナル・アイデンティティの構造
    ——「ISSP国際比較調査」のデータ解析——
 Ⅶ ナショナル・アイデンティティの国際比較
    ——探索的データ解析の試み——

3 宗  教
 Ⅷ 家族と宗教——価値志向の視座からの理論的考察——
 Ⅸ ドイツと日本における家族と宗教の国際比較(1)
    ——「ISSP宗教調査」のデータ解析——
 Ⅹ ドイツと日本における家族と宗教の国際比較(2)
    ——「世界価値観調査(World Values Survey)」データの解析——

4 ウェル・ビーイング(Well-being)
 ⅩⅠ Well-beingの構造の国際比較
     ——「世界価値観調査(World Values Survey)」データによる検        証——

5 科学・技術・環境
 ⅩⅡ 中国における不安感・科学観・環境意識の諸相とその変化の方向

6 日 本 語
 ⅩⅢ 外国における日本語——日本語の国際化を考える指標——
 ⅩⅣ ポストモダンの価値観と言語意識
     ——母語・英語・日本語をめぐって——
 ⅩⅤ ファセット・アプローチにもとづく調査票設計とデータ解析の試み
     ——「日本語観国際センサス」の事例——
 ⅩⅥ 海外マス・メディア広告における日本語使用の実態と人びとの日本    の広告をめぐる意識
     ——「マーケティング論」と「文化論」の視座から——

付論 データ・アーカイヴ
 ⅩⅦ 情報の収集・保管・活用——データ・アーカイヴ設立の意義——
 ⅩⅧ ドイツ・ケルン大学セントラル・アーカイヴ(ZA)の歴史と発展


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。