大学出版部協会

 

日本婦人論 日本男子論

福澤諭吉著作集10
日本婦人論 日本男子論

四六判 408ページ 上製
定価:2,600円+税
ISBN978-4-7664-0886-7(4-7664-0886-1) C300
奥付の初版発行年月:2003年03月

内容紹介

結婚に際しては夫婦の姓の一文字ずつを取って新苗字を創るべきであるなど、日常生活に根ざした身近な例から、大胆かつ斬新に新時代の女性のあり方を説く。「男子も亦この書を読むべし」として封建的規範に縛られた男性の意識改革をもうながし、敬と愛に支えられ、各々が独立した男女・家族関係であるべきであると主張した、現代的課題にも直結する、先進性あふれる福澤諭吉の女性論集。


西澤直子
1961年生まれ、1986年慶應義塾大学大学院文学研究科修士課程修了。現在、慶應義塾福澤研究センター研究員(教員系嘱託)。同センターで資料調査、整理およびレファレンス業務を担当。『福澤諭吉書簡集』(全9巻、岩波書店、2001〜2003)編集委員。

目次

中津留別の書
日本婦人論
日本婦人論 後編
男女交際論
男女交際余論
日本男子論
福澤先生浮世談
女大学評論
新女大学
婦人肥満之説
女子教育の事に付某氏に答
参考書簡
 九鬼隆義宛書簡
 荘田平五郎夫人宛書簡


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。