大学出版部協会

 

科学技術の暴力 (平和研究第48号)

科学技術の暴力 (平和研究第48号)

A5判 224ページ 並製
定価:2,200円+税
ISBN978-4-657-18004-9 C1330
奥付の初版発行年月:2018年03月 / 発売日:2018年04月上旬
発行:早稲田大学出版部  
発売:早稲田大学出版部
この大学出版部の本一覧
在庫あり

内容紹介

科学技術の功罪を問う。――
核の軍事利用、農薬などの科学技術、遺伝子組み換えなどの生物技術……。世界を進歩させた科学技術は驚くべき暴力性も示す。科学技術を暴力と平和の視点から考える。核廃絶運動国際キャンペーン(ICAN)ノーベル平和賞受賞記念スピーチ収録。


目次

巻頭言
科学技術を暴力と平和の視点から考えるために   戸田 清/湯浅正恵

●依頼論文
1「ミサイル防衛」の幻想と危険
  「核と宇宙の時代」の軍学共同への疑問   藤岡 惇
2 バイオ技術と環境・健康・企業支配   戸田 清/天笠啓祐
3 非人道的兵器としての劣化ウラン弾
   戦争と放射線被曝をめぐる生-政治   嘉指信雄
4 飢えのない平和な世界の構築を目指して
   化学者の立場から見た構造的暴力としての農薬問題を中心に   田坂興亜

●投稿論文
5 技術はエコロジー危機を克服するか
   理論としての「エコロジー的近代化」をめぐる考察   小野 一
6 難民条約締結前における日本の入国管理政策と在留特別許可   柏崎正憲
7 正当化される不処罰
   2000年以降の在日米性暴力に対する日本の司法処理   本山央子
8 出口戦略のディレンマ
   構築すべき平和の多様性がもたらす難題   中村長史

●ノーベル平和賞受賞記念スピーチ
核兵器禁止条約と市民運動の課題

日本平和学会の研究会活動   日本平和学会事務局

SUMMARY

編集後記   戸田 清/湯浅正恵

日本平和学会設立趣意書

日本平和学会第22期役員

日本平和学会会則


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。