大学出版部協会

 

〈ポスト3.11〉メディア言説再考

〈ポスト3.11〉メディア言説再考

A5判 378ページ 上製
定価:4,600円+税
ISBN978-4-588-67522-5 C3030
奥付の初版発行年月:2019年02月 / 発売日:2019年02月下旬

内容紹介

マスメディアを通して公の言説が流布するなか、ほんとうに耳を傾けるべきは誰の声なのか。東日本大震災がもたらした見えない恐怖や言葉にできない感情は、写真や映画、論説、絵画、小説,ツイッターなどさまざまな形で表現されてきた。あの日、むき出しになった不条理や矛盾は、日本の文化にどのような変化を与えたのか。哲学や文学、映像学等の多様な分野の専門家による共同研究の成果。

著者プロフィール

ミツヨ・ワダ・マルシアーノ(ミツヨ ワダ マルシアーノ)

(Mitsuyo Wada-Marciano)
京都大学大学院文学研究科教授(映像・メディア学)。『ニッポン・モダン――日本映画1920・30年代』名古屋大学出版会,2008年,Horror to the Extreme: Changing Boundaries in Asian Cinema, 香港大學出版社,2009年,『デジタル時代の日本映画――新しい映画のために』名古屋大学出版会,2010年,『「戦後」日本映画論』(編著)青弓社,2012年ほか。単著『No Nukes――映像作家たちの「声」』(仮題)を名古屋大学出版会から刊行予定。現在は,新しいブック・プロジェクトとしてエコ・シネマに取り組みながら,老齢化映画(aging film)やクイアー映画 (queer cinema)といった,社会の周辺に注目する映画研究にも取り組んでいる。

上記内容は本書刊行時のものです。

【編者紹介】
ミツヨ・ワダ・マルシアーノ(Mitsuyo Wada-Marciano)第6章・あとがき
京都大学大学院文学研究科教授(映像・メディア学)。『ニッポン・モダン――日本映画1920・30年代』名古屋大学出版会,2008年,Horror to the Extreme: Changing Boundaries in Asian Cinema, 香港大學出版社,2009年,『デジタル時代の日本映画――新しい映画のために』名古屋大学出版会,2010年,『「戦後」日本映画論』(編著)青弓社,2012年ほか。単著『No Nukes――映像作家たちの「声」』(仮題)を名古屋大学出版会から刊行予定。現在は,新しいブック・プロジェクトとしてエコ・シネマに取り組みながら,老齢化映画(aging film)やクイアー映画 (queer cinema)といった,社会の周辺に注目する映画研究にも取り組んでいる。


【執筆者紹介】
松浦雄介(まつうら ゆうすけ)第1章
1973年生まれ。熊本大学大学院人文社会科学研究部教授(社会学)。『記憶の不確定性――社会学的探究』東信堂,2005年,『映画は社会学する』(共編著)法律文化社,2016年,「記憶と文化遺産のあいだ――三池炭鉱の産業遺産化をめぐって」『西日本社会学会年報』 11号,37-50頁,2013年ほか。

北浦寛之(きたうら ひろゆき)第2章
1980年生まれ。セインズベリー日本藝術研究所フェロー(映画学・メディア論)。『マンガ・アニメで論文・レポートを書く――「好き」を学問にする方法』(共著)ミネルヴァ書房,2017年,『テレビ成長期の日本映画――メディア間交渉のなかのドラマ』名古屋大学出版会,2018年,『創発する日本へ――ポスト「失われた20年」のデッサン』(共著)弘文堂,2018年ほか。

西村大志(にしむら ひろし)第3章
1973年生まれ。広島大学大学院教育学研究科准教授(社会学)。『小学校で椅子に座ること』国際日本文化研究センター,2005年,『夜食の文化誌』(編著)青弓社,2010年,『映画は社会学する』(共編著)法律文化社,2016年ほか。

一ノ瀬正樹(いちのせ まさき)第4章
1957年生まれ。東京大学名誉教授・武蔵野大学グローバル学部教授(哲学)。『死の所有』東京大学出版会,2011年,『確率と曖昧性の哲学』岩波書店,2011年,『放射能問題に立ち向かう哲学』筑摩選書,2013年,『英米哲学入門』ちくま新書,2018年,""""Normativity, probability, and meta-vagueness,"""" Synthese, 194: 10, 3879-3900, 2017ほか。

出口康夫(でぐち やすお)第5章
1962年生まれ。京都大学大学院文学研究科教授(哲学)。Nothingness in Asian Philosophy, Routledge, 2014(共著); The Moon Points Back, Oxford University Press, 2015(共編著)ほか。

近森高明(ちかもり たかあき)第7章
1974年生まれ。慶應義塾大学文学部教授(社会学)。『ベンヤミンの迷宮都市』世界思想社,2007年,『無印都市の社会学』(共編)法律文化社,2013年,『都市のリアル』(共編)有斐閣,2013年ほか。

岩田=ワイケナント・クリスティーナ(Kristina Iwata-Weickgenannt)第8章
名古屋大学人文学研究科准教授(日本近現代文学)。Visions of precarity in Japanese popular culture and literature, Routledge, 2015(共編著); Fukushima and the arts—Negotiating nuclear disaster, Routledge, 2017(共編著)ほか。

須藤遙子(すどう のりこ)第9章
1969年生まれ。筑紫女学園大学教授(文化政治学・メディア社会論)。『自衛隊協力映画――『今日もわれ大空にあり』から『名探偵コナン』まで』大月書店,2013年,『東アジアのクリエイティヴ産業――文化のポリティクス』(共編著)森話社,2015年ほか。

久保 豊(くぼ ゆたか)第10章
1985年生まれ。早稲田大学坪内博士記念演劇博物館助教(映画学)。「天女のくちづけ――『お嬢さん乾杯!』における原節子」『ユリイカ』2016年2月号,青土社,「『夕やけ雲』(1956年)における木下惠介のクィアな感性」『映画研究』10号ほか。

谷川建司(たにかわ たけし)第11章
1962年生まれ。早稲田大学政治経済学術院客員教授(映画史)。『アメリカ映画と占領政策』京都大学学術出版会,2002年,『戦後「忠臣蔵」映画の全貌』集英社クリエイティブ,2013年,『戦後映画の産業空間――資本・娯楽・興行』森話社,2016年,『高麗屋三兄弟と映画』雄山閣,2018年ほか。

馬 然(Ma Ran; マ ラン)第12章
1980年生まれ。名古屋大学人文学研究科准教授(映像学)。論文に""""A Landscape Over There: Rethinking Translocality in Zhang Lu's Border Crossing Films,” Verge: Studies in Global Asias (Vol. 4. 1, 2018)ほか。

名取雅航(なとり まさかず)第12章翻訳
1986年生まれ。金沢大学,富山大学非常勤講師(映像学,英語)。論文に「电影改编作品中被编辑的男性:以《自由学校》(1951)与《女之园》(1954)为例」『当代电影(Contemporary Cinema)』Vol. 227,2015年2月ほか。

石田美紀(いしだ みのり)第13章
1972年生まれ。新潟大学人文学部准教授(映像文化論)。『密やかな教育――〈やおい・ボーイズラブ〉前史』洛北出版,2008年,『アニメ研究入門(応用編)』(共著)現代書館,2018年ほか。

長門洋平(ながと ようへい)第14章
1981年生まれ。京都精華大学ほか非常勤講師(聴覚文化論・映画学)。『映画音響論 溝口健二映画を聴く』みすず書房,2014年,『戦後映画の産業空間――資本・娯楽・興行』(共著)森話社,2016年,『川島雄三は二度生まれる』(共著)水声社,2018年ほか。

目次

第I部 メディアとしてのアーカイブ

第1章 記憶メディアとしての災害遺構――3・11の記憶術【松浦雄介】

第2章 市民の記録映像に見る被災の差異――せんだいメディアテークの映像アーカイブより【北浦寛之】


第II部 浮遊するメディア言説、隠された現実

第3章 「安全安心」の創造――お札効果とその構造【西村大志】

第4章 震災関連死の原因について【一ノ瀬正樹】

第5章 ポスト3・11と代受苦の思想【出口康夫】


第III部 挑戦的メディア、「芸術」そして「文学」

第6章 3・11以後の芸術力【ミツヨ・ワダ・マルシアーノ】

第7章 写真家の使命――畠山直哉の「転回」から考える【近森高明】

第8章 上書きする震災後文学――柳美里の『JR上野駅公園口』を周辺からの歴史として読む【岩田=ワイケナント・クリスティーナ】


第IV部 映画、二〇世紀メディアの王道

第9章 『シン・ゴジラ』と『絆 再びの空へ』――二人のゴジラ監督は津波と原発事故をどう「記憶/忘却」したか【須藤遙子】

第10章 喪失と対峙する――震災以後の喪の映画における移動性【久保 豊】

第11章 “かつて3・11があった”――映画における災害と忘却のストラテジー【谷川建司】

第12章 記憶と身体を乗り越える――東北ドキュメンタリー三部作とポスト・福島ドキュメンタリー【馬 然】


第V部 イコン性メディア、マンガ&アニメーション

第13章 放射性物質の表象――見えないものを見ること、見えるようにすること【石田美紀】

第14章 破局と近視――宮崎駿『風立ちぬ』について【長門洋平】

あとがき

索引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。