大学出版部協会

 

秋の七草

ものと人間の文化史145
秋の七草

四六判 306ページ 上製
定価:2,800円+税
ISBN978-4-588-21451-6 C0321
奥付の初版発行年月:2008年10月 / 発売日:2008年10月上旬

内容紹介

山上憶良が「萩の花 尾花葛花 なでしこの花 また藤袴 朝がほの花」(『万葉集』)とうたいあげて以来、千数百年にわたり秋を代表する植物として日本人にめでられてきた七種の草花。その知られざる伝承を掘り起こし、七草の生態と人々とのかかわりの歴史をたどりつつ、野に咲く小さな草花に心を寄せて季節に感応した日本人の自然観を見なおし、植物と人間との未来への共生のみちをさぐる。


関連書

有岡利幸『春の七草』


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。