大学出版部協会

 

 野沢協評論集成荒野にて

荒野にて 野沢協評論集成

A5判 588ページ 上製
定価:6,400円+税
ISBN978-4-588-15095-1 C1010
奥付の初版発行年月:2018年11月 / 発売日:2018年11月上旬

内容紹介

稀代の碩学は、『ピエール・ベール著作集』に代表される記念碑的な翻訳書のほかにも、数多くの優れた論考を遺した。紙誌に発表した論説、絶版書に付された解説、卒業論文、講義ノート、最後の翻訳『愛国者の手紙』など、多彩な作品を選び、遺稿・評論集として一巻に集成。解説を付す。

著者プロフィール

野沢 協(ノザワ キョウ)

1930年2月1日〜2015年11月18日。東京大学文学部仏文科卒業。東京都立大学教授、駒澤大学教授を務める。主な訳書:P.アザール『ヨーロッパ精神の危機』(第9回クローデル賞)、B.グレトゥイゼン『ブルジョワ精神の起源』、A.リシュタンベルジェ『十八世紀社会主義』(第19回日本翻訳文化賞)、J.カスー『1848年──2月革命の精神史』(監訳)、『啓蒙のユートピア 全3巻』(監訳)、『ピエール・ベール著作集全8巻・補巻1』(全巻個人訳、第2回日仏翻訳文学賞・第34回日本翻訳文化賞)、P.デ・メゾー『ピエール・ベール伝』、『ドン・デシャン哲学著作集』、『啓蒙の地下文書Ⅰ・Ⅱ』(監訳)、『ピエール・ベール関連資料集1・2・補巻』(以上の翻訳書は法政大学出版局刊)ほか。

上記内容は本書刊行時のものです。

【お知らせ】

本書の刊行と同時に、野沢協遺稿集刊行委員会編による追悼文集、『回想 野沢協』が発行されます。
詳細は、以下のリンク先をご覧ください。
『回想 野沢協』(野沢協遺稿集刊行委員会編・発行)発行のお知らせ

目次

第一部 思想史研究
 ルイ十四世末期の哲学的旅行記
 十七世紀フランスの懐疑論
 ドルバック『キリスト教暴露』解説
 グノーシス派(講義ノート)
 「女法王」伝説
 辞書を訳す
 「弁神論」から「苦しむ神」へ
 現代におけるユートピスムの可能性と不可能性
 ピエール・ベール Pierre Bayle
 寛容と殉教──エリ・メルラを読む

第二部 学生時代の作品
 現代文学
 平和のための闘いと戦后の民主的詩運動

第三部 革命と文学
 ギネアの実験
 アラゴン著 小島輝正訳『聖週間』上・下
 ルイ・アラゴンの『聖週間』
 クロード・モルガン『世界の重み』
 ジュール・ヴァレース著 谷長茂訳『パリ・コミューン』
 マドレーヌ・リフォ『“ベトコン”の戦士たち』訳者まえがき
 ポール・ニザン『トロイの木馬』解説
 『トロイの木馬』の訳者 野沢協氏
 パリ・コミューン記念日を迎えて
 心情的な「文革」礼賛論の実体
 アンドレ・モーロワ著 谷長茂訳『青年と人生を語ろう』
 フランス革命の原動力“魚売りの女たち”
 フランスの革命文学と労働者像の変遷
 セレブリャコワ著『フランス革命期の女たち』上・下
 革命歌『インタナショナル』歌詞改訳案(一番のみ)

第四部 翻 訳
 オカンクール元帥とカネー神父の対話
 愛国者の手紙
 訳 註
 解 説

解 説
 口絵写真
 第一部 思想史研究
 第二部 学生時代の作品
 第三部 革命と文学
 第四部 翻 訳
 翻訳・論文等目録
 翻 訳
 『ピエール・ベール著作集全八巻/補巻一』の概要
 論文・講演ほか

略年譜
あとがき


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。