大学出版部協会

 

 美術史の目的への問いイメージの前で〈増補改訂版〉

叢書・ウニベルシタス971
イメージの前で〈増補改訂版〉 美術史の目的への問い

四六判 534ページ 上製
定価:4,600円+税
ISBN978-4-588-14049-5 C1310
奥付の初版発行年月:2018年04月 / 発売日:2018年04月中旬

内容紹介

ルネサンス以降、美術史はいかなる知の言説として確立されたのか。ヴァザーリによる人文主義的美術史の発明から、パノフスキー的イコノロジーの成立にいたる美学の歴史を、フロイト的「徴候」への眼差しを通じて批判的に解体する“美術史の脱構築”。バタイユやヴァールブルクを継承し、独自のイメージ人類学を実践する注目の美術史家の初期代表作に、英語版の序「悪魔祓い師」を増補して刊行。

著者プロフィール

ジョルジュ・ディディ=ユベルマン(ディディ ユベルマン ジョルジュ)

(Georges Didi-Huberman)
哲学者,美術史家。1953年6月13日生(サン=テティエンヌ,フランス)。リヨン大学で哲学の学士号を取得した後,美術史学の修士号を取得。その後,社会科学高等研究院(E.H.E.S.S.)で博士号を取得。1990年から社会科学高等研究院の助教授。日本語訳として『ヒステリーの発明──シャルコーとサルペトリエール写真図像集』(みすず書房),『フラ・アンジェリコ──神秘神学と絵画表現』『ニンファ・モデルナ──包まれて落ちたものについて』『イメージ,それでもなお──アウシュヴィッツからもぎ取られた四枚の写真』(以上,平凡社),『ジャコメッティ──キューブと顔』(PARCO出版),『時間の前で──美術史とイメージのアナクロニズム』(法政大学出版局),『ヴィーナスを開く──裸体,夢,残酷』(白水社),『残存するイメージ──アビ・ヴァールブルクによる美術史と幽霊たちの時間』(人文書院),『イメージが位置をとるとき──歴史の眼1』『受苦の時間の再モンタージュ──歴史の眼2』『アトラス,あるいは不安な悦ばしき知──歴史の眼3』(以上,ありな書房)がある。

江澤 健一郎(エザワ ケンイチロウ)

1967年生まれ。フランス文学専攻。博士(文学)。立教大学兼任講師。著書に『バタイユ──呪われた思想家』(河出書房新社),『ジョルジュ・バタイユの《不定形》の美学』(水声社)。共著書に『中平卓馬──来たるべき写真家』(河出書房新社)ほか。訳書にジョルジュ・バタイユ『有罪者──無神学大全』『ドキュマン』(以上,河出文庫),『マネ』(月曜社),『聖なる陰謀──アセファル資料集』(共訳,ちくま学芸文庫),ジル・ドゥルーズ『シネマ2*時間イメージ』(共訳,法政大学出版局)。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

悪魔祓い師(英語版の序)

提起される問い

[われわれが芸術的イメージへ眼差しを向けるとき
確信的な調子に対する問い
カント的調子、いくつかの魔術的な言葉、知の規定に対する問い
形象可能性という非常に古い要請]


第一章 単なる実践の限界内における美術史

[白い壁の面に向けられた眼差し──見えるもの、読めるもの、見えないもの、視覚的なもの、潜在的なもの
視覚的なものの要請、あるいはいかにして受肉は模倣を「開く」のか
そこでこの学問は非‑知を警戒するように理論を警戒する。特殊性という錯覚、正確さという錯覚、そして「歴史家の一撃」
そこで過去が過去を隠蔽する。不可欠な発見と思考不可能な喪失。そこで歴史と芸術が美術史を妨げにくる
第一の陳腐さ──芸術は終焉した……美術史が存在し始めてから。形而上学的罠と実証主義的罠
第二の陳腐さ──すべてが見える……芸術が死んでから]


第二章 再生としての芸術 そして理想的人間の不死性

[そこで芸術は自らの灰から再生するものとして発明された、そこで美術史は芸術とともに自らを発明した
ヴァザーリの『列伝』における四つの正当化──大公への服従、芸術の社会体、起源への訴えと目的への訴え
そこでヴァザーリは芸術家を忘却から救い、永遠の名声(eterna fama)において「名声を与える」。理想的人間の不死性に捧げられた第二の宗教としての美術史
形而上学的目的と宮廷的目的。そこで亀裂は理想と現実主義において縫合される──魔術的なメモ帳の操作
三つの最初の魔術的言葉──再生(rinascita)、模倣(imitazione)、イデア(idea)
第四の魔術的言葉──素描(disegno)。そこで芸術は統一された対象、高貴な実践、知的認識として正当化される。フェデリコ・ツッカリの形而上学。そこで美術史は自分自身のイメージに似せて芸術を創造する]

第三章 単なる理性の限界内における美術史

[ヴァザーリがわれわれに伝えた目的。単なる理性、あるいはいかにして言説はその対象を発明するのか
ヴァザーリ的定立の変貌、反定立の契機の出現──美術史が採用したカント的調子
そこでエルヴィン・パノフスキーは反定立と批判の契機を展開する。いかにして見えるものは意味を持つのか。解釈の暴力
反定立から総合へ。カント的目的、形而上学的目的。魔術的操作としての総合
第一の魔術的言葉──人文主義。そこで知の対象は知の形式となる。カント的ヴァザーリと人文主義的カント。意識の力と理想的人間への回帰
第二の魔術的言葉──イコノロジー。チェーザレ・リーパへの回帰。見えるもの、読めるもの、見えないもの。超越論的総合としてのイコノロジー的内容という概念。パノフスキーの後退
さらに遠くへ、あまりにも遠くへ──観念論的強制。第三の魔術的言葉──象徴形式。そこで感性的記号は知性的なものによって消化される。機能の適切さ、「機能の統一性」という観念論
イメージから概念へ、そして概念からイメージへ。第四の魔術的言葉──図式論。表象における総合の最終的統一性。モノグラム化され要約された「純粋な」イメージ。論理学と形而上学を強制された芸術の科学]

第四章 裂け目としてのイメージ そして受肉した神の死

[美術史の図式論と絶縁する第一の接近方法──裂け目。イメージを開くこと、論理を開くこと
そこで夢の作用は表象の箱を打ち砕く。作用は機能ではない。否定的なものの力。そこで類似は作用し、働き、転倒し、非類似化する。そこで形象化することは脱形象化することと等しくなる
夢の範例の拡張と限界。見ることと見つめること。そこで夢と徴候は知の主体を脱中心化する
美術史における観念論と絶縁する第二の接近方法──徴候。メタ心理学者パノフスキー? 問題提起から徴候の否認へ。パノフスキー的無意識は存在しない
重層決定というフロイト的範例と対峙する演繹というパノフスキー的モデル。メランコリーの例。象徴と徴候。構築された部分、呪われた部分
美術史における図像主義と絶縁して、模倣の専制と絶縁する第三の接近方法──受肉。肉と身体。二重の構造(エコノミー)──模倣の織物と「クッションの綴じ目」。キリスト教における原型的イメージと受肉の指標
徴候的強度の歴史のために。いくつかの例。非類似と塗油。そこで形象化することは形象を変貌させることと等しくなり、脱形象化することと等しくなる
美術史における人文主義と絶縁する第四の接近方法──死。ドラマとしての類似。ヴァザーリと対峙する中世の二つの芸術論──人文主義的人間と対峙する引き裂かれた主体。美術史とは錯綜の歴史である
生の類似、死の類似。キリスト教における死の構造(エコノミー)──狡知と危険。そこで死はイメージにおいて存続する。そしてわれわれはイメージの前で?]

補遺 細部という問題、面という問題

[細部という難問(アポリア)
描くこと、あるいは描写すること
事故──物質の輝き
徴候──意味の鉱脈
細部原則の彼岸]

〈付録〉内容紹介文
訳者あとがき
第二版への訳者あとがき
図版目録
人名索引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。