大学出版部協会

 

小金芳弘・戦中日記

小金芳弘・戦中日記

A5判 164ページ
定価:2,200円+税
ISBN978-4-486-03710-1 C0095
奥付の初版発行年月:2009年05月

内容紹介

日本が日中戦争から太平洋戦争へと突入し、そして敗戦を迎えるまでの、著者13歳から20歳までの7年間の日記。時代の大きなうねりの中で、少年は何を見、何を考えていたのか?
【小金芳弘既刊書】
『日本の選択 − 開国・鎖国の歴史と未来』(定価2625円)
『経済発展論 − 産業革命から情報技術改革まで』(定価2625円)



一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。