大学出版部協会

 

ワレリウス・マクシムス『著名言行録』の修辞学的側面の研究

ワレリウス・マクシムス『著名言行録』の修辞学的側面の研究

A5判 208ページ 上製
定価:4,000円+税
ISBN978-4-486-02130-8 C3010
奥付の初版発行年月:2017年03月 / 発売日:2017年03月下旬

内容紹介

古代ローマの歴史家であるワレリウス・マクシムスの「記憶に値する行為と言葉」のレトリック的側面の研究。マクシムスの生きた時代、古代ローマにおける修辞学の重要な諸側面について「著名言行録」との関わりを検討した。

著者プロフィール

吉田 俊一郎(ヨシダ シュンイチロウ)

東京大学人文社会系研究科助教

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

はじめに

序論:ワレリウス・マクシムス『著名言行録』の概要
本論
第一章:『著名言行録』の執筆目的と修辞学校
第二章:ワレリウス・マクシムスの典拠としての修辞学文献
第三章:ワレリウス・マクシムスと修辞学理論
第四章:ワレリウス・マクシムスの文体
 I:『著名言行録』における範例記述の構造
 II:白銀ラテンへの転換点としてのワレリウスの文体
 III:黄金ラテン散文の継承者としてのワレリウス
結論
あとがき
文献表
『著名言行録』の章題一覧
事項索引
箇所索引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。