大学出版部協会

 

 生まれた川に帰る不思議サケの記憶

サケの記憶 生まれた川に帰る不思議

A5判変型 104ページ 並製
定価:2,000円+税
ISBN978-4-486-02115-5 C3045
奥付の初版発行年月:2016年11月 / 発売日:2016年11月下旬

内容紹介

サケは世界的に知名度が高いにも関わらず生態についてはあまり知られていない。そこでどのような生活史を送っているのかを母川回帰を中心に紹介する。

著者プロフィール

上田 宏(ウエダ ヒロシ)

1951年 札幌市生まれ 北海道大学大学院水産学研究科博士課程単位取得退学
日本学術振興会奨励研究員,産業医科大学助手・講師,米国NIH奨励研究員,北海道大学水産学部附属洞爺湖臨湖実験所助教授,北海道大学北方生物圏フィールド科学センター・大学院環境科学院教授・特任教授・名誉教授 専門:魚類生理学

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

はじめに
第1章 サケの種類と生活史
 太平洋サケと大西洋サケ
 日本の太平洋サケ
 その他の日本のサケ
 世界のサケ
 回遊魚
第2章 サケのホルモン
 サケ稚幼魚の降河回遊に伴う変化
 サケ親魚の母川回帰に伴う変化
 遺伝子とタンパク質
 ホルモンの種類と作用
第3章 サケの嗅覚
 サケの嗅覚系の構造と機能
 河川水中のニオイ成分
  溶存遊離アミノ酸
  アミノ酸による母川記銘・母川識別
  アミノ酸の起源
第4章 サケの記憶
 NMDA受容体
 fMRI
 魚類と哺乳類の脳
第5章 サケの回遊行動
 ベーリング海から北海道沿岸までのシロザケの回遊行動
 洞爺湖におけるヒメマス・サクラマスの回遊行動
 地磁気と磁性物質
 バイオテレメトリー手法
 標津川の蛇行復元によるシロザケとカラフトマスの遡上行動への影響
 石狩川花園頭首工の魚道におけるシロザケの遡上行動
 豊平川の床止工におけるサクラマスとシロザケの遡上行動の比較
 タイワンマスの台風による増水時の行動
 産卵時のサケの心臓停止
第6章 日本のサケの現状と将来
 日本のサケの現状
  カラフトマス
  シロザケ
  ベニザケ
  サクラマス
 高回帰性サケ創出プロジェクト
 日本のサケの将来
おわりに
参考文献
索引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。