大学出版部協会

 

 末梢血、骨髄、リンパ節の形態の比較でみるリンパ系腫瘍の実践的読み方血液細胞アトラス 3

血液細胞アトラス3
血液細胞アトラス 3 末梢血、骨髄、リンパ節の形態の比較でみるリンパ系腫瘍の実践的読み方

B5判 204ページ 並製
定価:6,000円+税
ISBN978-4-486-02076-9 C3347
奥付の初版発行年月:2015年10月 / 発売日:2015年10月下旬

内容紹介

血液細胞アトラスシリーズの第3巻。リンパ系腫瘍について、豊富な血液細胞のデータ(カラー症例データ)を基に、血液細胞のベテラン医師と技師が解説する。これから血液細胞の形態、検査を学ぼうとする人のテキスト。

著者プロフィール

宮地 勇人(ミヤチ ハヤト)

1956年生まれ。慶應義塾大学医学部卒業。現、東海大学医学部基盤診療学系教授。医学博士。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

はじめに  iii

概説  1
1.リンパ節の構造と機能  3
 [A]リンパ節の機能  3
 [B]リンパ節の構造  4
   1)一般的な構造  4
   2)リンパ節の脈管  5
 [C]リンパ球の分化  5
   1)B細胞の分化  5
   2)T細胞の分化  8

2.リンパ節腫脹へのアプローチ  11
 [A]リンパ節腫脹の病理・病態  11
   1)一次性リンパ節炎  12
   2)免疫反応による病変  12
   3)腫瘍性病変  12
 [B]悪性リンパ腫の分類について  13
 [C]リンパ節腫脹の全身分布と疾患  13
 [D]リンパ節生検の適応  15

3.末梢血・骨髄の異常細胞の見方  18
 [A]末梢血スクリーニング検査で見落としやすい造血器腫瘍  18
 [B]異常細胞を検出するための検査指標  18
 [C]塗抹標本の目視検査の実際  18

4.体腔液(胸水・腹水)に出現した細胞の形態学的特徴  20
 [A]滲出性と漏出性の鑑別  20
 [B]体腔液に見られる反応性細胞  20
 [C]体腔液に見られる悪性細胞  21

5.小児の末梢血,骨髄,リンパ節,穿刺液の異常細胞  23
 [A]悪性リンパ腫  23
 [B]白血病  24
 [C]固形腫瘍  24
 [D]組織球症症候群  25
 [E]小児のhematogones  25

各論と症例  27
リンパ系前駆細胞腫瘍  29
 Bリンパ芽球性白血病/リンパ腫  29
 Tリンパ芽球性白血病/リンパ腫  34
成熟B細胞性腫瘍  46
 慢性リンパ性白血病/小リンパ球性リンパ腫 (CLL/SLL)  46
 ヘアリー細胞白血病 (HCL)  51
 リンパ形質細胞性リンパ腫 (LPL)  54
 形質細胞骨髄腫 (PCM)  59
 形質細胞性白血病(PCL)  66
 粘膜関連濾胞辺縁帯B細胞リンパ腫 (MALT)  68
 節性濾胞辺縁帯B細胞リンパ腫 (NMZL)  73
 濾胞性リンパ腫 (FL)  77
 マントル細胞リンパ腫 (MCL)  88
 びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫,他の病型に分類されないもの (DLBCL,NOS)  95
 縦隔(胸腺)大細胞型B細胞性リンパ腫 (PMBL)  106
 血管内大細胞型B細胞性リンパ腫 (IVLBCL)  108
 バーキットリンパ腫 (BL)  112
成熟TおよびNK細胞性腫瘍  115
 T細胞性前リンパ球性白血病(T-PLL)  115
 T細胞性LGL白血病(T-LGL)  120
 アグレッシブNK細胞白血病(ANKL)  124
 節外性NK/T細胞リンパ腫・鼻型  126
 成人T細胞性白血病/リンパ腫 (ATL)  129
 肝脾T細胞リンパ腫(HSTL)  138
 セザリー症候群  141
 末梢性T細胞リンパ腫(PTCL-NOS)  147
 血管免疫芽球性T細胞性リンパ腫(AITL)  152
 未分化大細胞性リンパ腫(ALCL)  155
ホジキンリンパ腫  157
 ホジキンリンパ腫 (HL)  157
その他
 芽球形質細胞様樹状細胞腫瘍 (BPDCN)  165
非造血器腫瘍の転移性病変  170
 悪性腫瘍の転移(乳がん/胃がん/皮膚がん/悪性黒色腫/口腔がん/肺がん/神経芽細胞腫)  170
その他……リンパ節腫脹をきたす疾患  183
 反応性病変(菊池病/サルコイドーシス/結核)  183

参考文献  187
索引  189


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。