大学出版部協会

 

 氷河の微生物から環境変動を探る雪と氷の世界を旅して

フィールドの生物学
雪と氷の世界を旅して 氷河の微生物から環境変動を探る

B6判 210ページ 並製
定価:2,000円+税
ISBN978-4-486-02000-4 C1345
奥付の初版発行年月:2016年08月 / 発売日:2016年08月中旬

内容紹介

雪や氷河など生きものの気配がない場所にも小さな微生物がたくさん棲み、独自の生態系を作っている。著者が訪れたアラスカ、グリーンランド、パタゴニアなど世界各地の氷河から、その不思議な世界を紹介する。

著者プロフィール

植竹 淳(ウエタケ ジュン)

1978年生まれ。東京工業大学生命理工学研究科 博士課程修了。博士(理学)。国立極地研究所・国際北極研究センター研究員。専門:雪氷微生物学。平成18年 日本雪氷学会全国大会VIP賞 受賞。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

はじめに
第1章 雪氷生物学との出会い(日本・東京)
 コラム:日本にも氷河があった!
第2章 はじめての氷河観測(ロシア・アルタイ山脈 アイスコア掘削)
 コラム:雪山を駆け上がるヒョウ
 コラム:微生物が雪をつくる?
第3章 再びアイスコア掘削へ(ロシア・アルタイ山脈 後編)
第4章 赤い氷河とさまざまな雪氷生物(アメリカ・アラスカ州)
 コラム:同位体からひもとく鉱物の起源
第5章 沙漠の中の茶色い氷河(中国・祁連山脈)
第6章 極北に広がる黒い氷河(グリーンランド)
 コラム:カナックの一般生活
第7章 消えゆく熱帯の氷河生態系(ウガンダ・ルウェンゾリ山)
おわりに


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。