大学出版部協会

 

血液検査の知識

メディカルサイエンスシリーズ9
血液検査の知識

B6判 244ページ
定価:1,800円+税
ISBN978-4-486-01797-4 C1047
奥付の初版発行年月:2008年09月

内容紹介

血液検査から得られる情報は、体の内部の変化を数値として把握でき、客観性が高く重要である。本書は、血液と血液検査に関する基礎的な知識を提供し、日頃の健康管理や医療機関受診の際に役立つ内容をわかりやすく解説する。


目次

はじめに
1章 血液検査と採血
   静脈から採血するわけ
   採血した血液は?
   紅色の血液と暗赤色の血液
   血液の起源は海水?
   赤い血液と黄色い尿の関係

2章 貧血の検査
   貧血の指標:血液の濃さを知る
   マラソン選手は,なぜ高地トレーニングをするのか
   赤血球の大きさによる貧血の違い
   生まれたての赤血球を見る
   血液細胞の形を見る
   赤血球は,なぜドーナツ型なのか

3章 貧血の背後に潜む重大な病気
   見逃しやすい貧血の症状
   低血圧は貧血とは違う
   からだの変化で早期発見
   貧血に耐えるからだのしくみ
   背後に潜む重大な病気
   鉄の代謝はどうなっているのか
   暮しの中のチェックポイント
   鉄欠乏性貧血の原因を探る
   鉄欠乏を克服する
   皮膚・粘膜の変化

4章 白血球の検査
   外敵から,からだを守る白血球
   短命の顆粒球
   白血球数から何がわかるのか
   遺伝子病としての白血病
   白血病の遺伝子検査
   ビタミンで白血病がなおる
   コンピュータ解析で誕生したシグナル伝達阻害剤

5章 出血体質の検査
   血小板の生い立ち
   血小板の数を知る
   出血と止血のバランス
   さまざまな出血
   どのようにして血が止まるのか
   血栓のしくみと予防
   出血体質の検査

6章 出血からわかる病気と対応
   突然の鼻血
   鼻血の止め方
   血痰について
   吐血について
   血が混った便
   赤い尿
   血尿と性器出血
   けがで血が止まらない

7章 肝機能の検査
   肝臓の働きと検査
   栄養状態,全身状態を知る
   むくみと病気
   胆道系酵素とは?
   胆汁の流出障害を知る
   空腹時と食後の検査の違い

8章 腎機能の検査
   腎臓の働きを知る
   腎臓障害
   電解質のバランス

9章 骨代謝の検査
   骨代謝動態のスクリーニング検査
   副甲状腺ホルモンの役割
   骨代謝マーカー

10章 脂質と血糖の検査
   糖代謝と糖尿病
   ヘモグロビンでわかる糖尿病
   糖尿病の確定診断
   糖尿病のタイプ分け
   モニター検査と合併症検査
   コレステロールと中性脂肪の違い
   血清総コレステロールの目安
   メタボリック症候群
   急性心筋梗塞の検査

11章 腫瘍マーカー検査
   腫瘍マーカーの分類と意義
   癌のスクリーニング
   喫煙者のCEA上昇
   良性疾患による上昇

12章 感染症の検査
   ウイルス感染の診断
   さまざまな発熱と検査
   悪寒を伴う発熱
   微熱か平熱か
   発熱パターンからわかること
   不明熱とは
   発熱の治療

13章 免疫の検査
   リンパ節の役割
   リンパ腺の腫れ
   悪性リンパ腫
   免疫の働きの指標
   カギとカギ穴
   免疫のしくみ
   インフルエンザウイルス抗体は,どのようにできるのか
   癌免疫,移植免疫のしくみ
   抗体蛋白の起源
   骨の痛みと免疫グロブリン検査
   免疫とアレルギー
   自己免疫による甲状腺の病気
   ワクチン療法と血清療法の違い

14章 血液型と輸血検査
   血球抗体の重要性
   ABO血液型のできるしくみ
   ABO血液型の遺伝
   ABO血液型抗原の働き
   Rh血液型とは
   さまざまな血液型と働き
   血液型を判定するには
   白血球にもある血液型
   成分輸血とは
   輸血感染症との闘い
   輸血の恐ろしい副作用
   もっとも安全な自分の血液
   人工血液の実用化

おわりに
参考文献
索引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。