大学出版部協会

 

 国語科学習デザインと実践読みの交流と言語活動

読みの交流と言語活動 国語科学習デザインと実践

松本 修:編著
B5判 184ページ 並製
定価:2,500円+税
ISBN978-4-472-40528-0 C3037
奥付の初版発行年月:2015年12月 / 発売日:2015年12月上旬

内容紹介

国語科学習において、文学教材の読みを成立させるには、探究的な〈問い〉をもとにした「読みの交流」が有効である。どうすればよい〈問い〉を作ることができ、交流を活性化できるのか。学習を支える理論を整理・検証しつつ、「白いぼうし」「少年」などでの授業事例を丁寧に分析。ワークシートも付し、教員の実践や研究に役立つ。

著者プロフィール

松本 修(マツモト オサム)

玉川大学教職大学院教授。専門は国語科教育、特に文学の教材研究と学習デザイン。1959年、栃木県生まれ。筑波大学第二学群人類学類卒業、宇都宮大学大学院修士課程修了。教鞭をとるかたわら、実践研究団体「Groupe Bricolage」を設立、研究活動を続ける。1995年に上越教育大学助教授に転じ、准教授、教授を経て、2013年から現職。著書に『文学の読みと交流のナラトロジー』(東洋館出版社)がある。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

はじめに
凡例
第1章 読みの交流の枠組みと読みの交流の成立
第2章 質的三層分析
第3章 語りに着目した教材分析
第4章 読みの交流を成立させる学習課題の条件
第5章 読みの交流のための学習課題の事例
第6章 読みの交流の授業の実際
第7章 読みの時間が読みの交流に与える影響
資料編 ワークシート
おわりに


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。