大学出版部協会

 

 美術を支えるもの講座日本美術史6

講座日本美術史
講座日本美術史6 美術を支えるもの

A5判 368ページ
価格:4,200円+税
ISBN978-4-13-084086-6(4-13-084086-X) C337
奥付の初版発行年月:2005年04月

内容紹介

「美術」はどのように生まれ,扱われ,後世に語り伝えられていくのか.「美術」という価値を与えられたさまざまな物の側から,それらをとりまく仕組みを考えていく.美術史,美術館,国宝……美術にかかわる「もの」を捉え直す新たな視点を提示.

講座 日本美術史【全6巻】


目次

序(木下直之)
第1章 美術を生み出す
明治維新と名古屋城——金鯱・御殿障壁画・天守の行方(木下直之)
美術の「近代」と美術家の「行為」(五十殿利治)
都の事件——「年中行事絵巻」・「伴大納言絵巻」・「病草紙」(佐藤康宏)

第2章 美術を扱う
壁画とタブロー——1900-1940年代(蔵屋美香)
戦争と美術コレクション——そこにあってはならないもの(平瀬礼太)
メディアとしての版画——近代版画揺籃期の考察(岩切信一郎)
美術における政治表現と性表現の限界(北澤憲昭)

第3章 美術を語る
平等院鳳凰堂阿弥陀如来像の近代(武笠 朗)
江戸の古画趣味と日本の美術史学——宗達「平家納経」補修説と牧谿伝根本資料『松斎梅譜』の出現をめぐって(玉蟲敏子)
黒田清輝と西洋美術教育(三浦 篤)


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。