大学出版部協会

 

身体性システムとリハビリテーションの科学1 運動制御

身体性システムとリハビリテーションの科学1 運動制御

A5判 272ページ
価格:3,200円+税
ISBN978-4-13-064401-3 C3047
奥付の初版発行年月:2018年11月 / 発売日:2018年11月中旬

内容紹介

脳内での自己の身体と運動の表現は,身体の認知と運動制御にとって必須の機能である.本書では,これからの超高齢社会に必要とされる有効なリハビリテーション法の確立を身体性システム科学の観点から解説する.理学療法や神経科学の関係者必携.(2巻「身体認知」は12月下旬刊行予定)

著者プロフィール

芳賀 信彦(ハガ ノブヒコ)

東京大学大学院医学系研究科教授

太田 順(オオタ ジュン)

東京大学人工物工学研究センター教授

内藤 栄一(ナイトウ エイイチ)

情報通信研究機構脳情報通信融合研究センター脳情報通信融合研究室研究マネージャー

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

序 章 身体性システム科学とは(太田 順)

第I部 運動制御とリハビリテーションの理論
第1章 感覚と運動の統合(芳賀信彦)
第2章 運動制御の脳科学(内藤栄一・関 和彦)
第3章 身体運動の変容に関するシステム理論(井澤 淳・舩戸徹郎)
第4章 歩行・姿勢制御(高草木薫・千葉龍介・青井伸也)

第II部 応用事例
第5章 先天性無痛症——感覚障害による運動機能の変容(四津有人・大脇 大・舩戸徹郎)
第6章 脳損傷——損傷後の行動と神経システムの変容(村田 弓・肥後範行・井澤 淳)
第7章 局所性ジストニア(古屋晋一・濱田 雅・花川 隆)


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。