大学出版部協会

 

教えることの再発見

教えることの再発見

A5判 208ページ
価格:3,800円+税
ISBN978-4-13-051340-1 C3037
奥付の初版発行年月:2018年08月 / 発売日:2018年08月下旬

内容紹介

民主主義の教育や学びの思想を更新しつづけ注目されるガート・ビースタの最新著(Gert J. J. Biesta, The Rediscovery of Teaching, Routledge, 2017)を全訳.「統制としての教授」と「自由としての学習」の対比を越え,教えることによる可能性の自由,解放の再発見を通じて,学びをふたたび見出してゆく.

著者プロフィール

ガート ビースタ(ガート ビースタ)

ブルネル大学ロンドン教授

上野 正道(ウエノ マサミチ)

上智大学総合人間科学部教授

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

日本語版への序文
謝辞
プロローグ 教えることの再発見の必要性
1章 教育の課題とは何か
2章 教えることを学習から自由にする
3章 教えることの再発見
4章 無知な教師に惑わされないで
5章 不可能なことを求める——不和としての教授
エピローグ 教育に教えることを取り戻す
訳者解説(上野正道)


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。