大学出版部協会

 

 人獣交渉史の研究狼の民俗学 増補版

狼の民俗学 増補版 人獣交渉史の研究

A5判 448ページ
価格:7,800円+税
ISBN978-4-13-050302-0 C3039
奥付の初版発行年月:2018年05月 / 発売日:2018年05月下旬

内容紹介

日本の森林に君臨していたニホンオオカミ——かつて「神」とあがめられたかれらが姿を消してから,すでに100年が過ぎ去り,人々の記憶からも静かに消えゆこうとしている.日本各地に残された伝承や図像を丹念に読み解き,ニホンオオカミと人間の関係史を鮮やかに描き上げた意欲作! 初版2009年の増補版.


目次

序 章 人と獣の交渉史
第1章 虎と狼——二つの民俗の位相
1 室町物語「熊野の本地」の動物諸相
2 虎から狼へ——「鍛冶屋の婆」の変遷
3 虎の民俗、狼の民俗
第2章 民間説話の中の狼
1 狼報恩譚——人々の解釈と話のゆくえ
2 「送り狼」——口伝される生活の知恵
3 塩を求める狼——伝承と俗信から
4 「狼の眉毛」——授けられる富
第3章 狼の表象史
1 名称から辿る狼観
2 狼表現の系譜
第4章 狼と民俗信仰
1 東北地方における狼の民俗儀礼
2 狼の産見舞い
補章 狼の民俗学に添えて
1 「種の藤助」考——田の神信仰と祝言職
2 岩手の狼伝承
あとがき
増補版あとがき

The Folklore of Wolves: The History of Human-Animal Relationships(Expanded Revised Edition)
Akiko HISHIKAWA


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。