大学出版部協会

 

日本経済史3 両大戦間期

日本経済史
日本経済史3 両大戦間期

A5判 432ページ
価格:5,000円+税
ISBN978-4-13-044073-8(4-13-044073-X) C333
奥付の初版発行年月:2002年12月

内容紹介

日本資本主義のダイナミックな変貌過程を追究.両大戦間期の激動のなかで,日本資本主義が先進国型の経済構造にキャッチアップする過程を,帝国主義的発展とその現代的変容の両面から描く.


目次

はしがき(武田晴人)
1章 景気循環と経済政策(武田晴人)
2章 産業構造の変化と独占(阿部武司)
3章 財閥のコンツェルン化とインフラストラクチャー機能(橘川武郎)
4章 就業構造と農業(加瀬和俊)
5章 帝国主義世界体制と中国(平 智之)
 コラム:独占資本主義成立論争(宮島英昭)
     財閥批判と財閥の転向(安田常雄)
     現代資本主義、国家独占資本主義(長島 修)
     日本資本主義論争史(山本義彦)
     侵略の社会経済的基盤(柳沢 遊)


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。