大学出版部協会

 

ゲームとしての官僚制

ゲームとしての官僚制

A5判 336ページ
価格:7,200円+税
ISBN978-4-13-036222-1(4-13-036222-4) C303
奥付の初版発行年月:2005年03月

内容紹介

官僚制のもとで政策はいかに成立するのか? 議会や行政府の長といった政治的プレイヤーと官僚との関係や官庁組織の内部,あるいは市民と官庁との関係における戦略的相互作用を分析することで,政治学におけるゲーム理論の新たな可能性を探る,野心的な試み.


目次

1 本書の目標・方法・構成
目標/方法/構成
2 官僚制と他の政治的プレイヤーのゲーム 
総論/権限配分の諸形態とその帰結/情報構造の諸形態とその帰結/コントロールの諸形態とその帰結
3 官僚制内部のゲーム
総論/官庁内の上下ユニット間の関係/官庁内の同位ユニット間の関係/情報流通経路の設計と上司の役割
4 官僚制と市民のゲーム
総論/戦略的プレイヤーとしての市民/被規制者としての市民/市民の権利の保護とその効果
5 結論 
制度と情報の政策分析/ゲーム理論による官僚制分析の射程/今後の研究に向けて


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。