大学出版部協会

 

 ヴィルヘルム期ドイツ・ナショナリズム研究序説マックス・ヴェーバーとポーランド問題

マックス・ヴェーバーとポーランド問題 ヴィルヘルム期ドイツ・ナショナリズム研究序説

A5判 372ページ
価格:7,200円+税
ISBN978-4-13-036220-7(4-13-036220-8) C303
奥付の初版発行年月:2003年11月

内容紹介

ドイツ帝国最大の問題のひとつであるポーランド問題にヴェーバーはいかに関わったのか.ポーランド人農業労働者の排除を唱導した前半生と,「ロシアの脅威」への対抗を重視した後半生とに焦点を当て,ヴェーバーにおけるドイツ・ナショナリズムの展開を跡付ける.


目次

序 章 「西欧とドイツ」の視座の再検討
第一章 内政の優位—ポーランド人農業労働者排除の提唱
 第一節 東方の世界との邂逅
 第二節 ポーランド人農業労働者排除の論理とその展開
 第三節 国民社会協会との葛藤
 第四節 全ドイツ連盟及びドイツ・オストマルク協会への参加
 第五節 レオ・ヴェーゲナーの育成
第二章 外政の優位—ロシアの脅威への対抗
 第一節 ロシア政治の分析
 第二節 旧ロシア領ポーランドを巡る闘争
 第三節 ドイツ東部崩壊への抵抗
終 章 「西欧・ドイツ・東方」の視座の提唱


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。