大学出版部協会

 

 枢軸形成の多元的力学日独関係史 一八九〇−一九四五 II

日独関係史 一八九〇−一九四五
日独関係史 一八九〇−一九四五 II 枢軸形成の多元的力学

A5判 352ページ
価格:5,600円+税
ISBN978-4-13-025122-8 C332
奥付の初版発行年月:2008年02月

内容紹介

第二次世界大戦・太平洋戦争期の1930-40年代における日独関係は,日独伊三国同盟という枢軸形成の曲折に満ちた過程と,それぞれの内政的変動に彩られている.その輻輳した政治的・軍事的・経済的内実を,アジアの多極的な国際情勢を踏まえて明らかにする.


目次

第1章 親日路線と親中路線の暗闘——一九三五—三六年のドイツ(田嶋信雄)
第2章 三国同盟の内実——一九三七—四五年の日本とドイツ(ゲルハルト・クレープス)
第3章 同床異夢の枢軸形成——一九三七年のイタリアを中心に(石田 憲)
第4章 日独同盟と中国大陸——「満洲国」・汪精衛「政権」をめぐる交渉過程(周 恵民)
第5章 日独関係における陸軍(スヴェン・サーラ)
第6章 日独海軍の協力関係(ベルトホルト・ザンダー = ナガシマ)
第7章 戦時経済協力の実態——ドイツの電撃的勝利から独ソ開戦まで(工藤 章)


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。