大学出版部協会

 

 東アジアの知識人エトスの変容と啓蒙のエクリチュール朝鮮の近代と尹致昊

朝鮮の近代と尹致昊 東アジアの知識人エトスの変容と啓蒙のエクリチュール

A5判 418ページ
価格:8,000円+税
ISBN978-4-13-016038-4 C3022
奥付の初版発行年月:2018年10月 / 発売日:2018年10月下旬

内容紹介

19世紀から20世紀へといたる転換期を生きた知識人・尹致昊(ユン・チホ)の人生,思想を通して,東アジアの近代を再考する試み.東アジアの知識人として,近代ヨーロッパといかに向き合い,新たな近代をめざしたのか,歴史的・文化的・思想的な諸文脈から総合的に理解し,変容する時代のダイナミズムを描く.

著者プロフィール

柳 忠熙(リュウ チュンヒ)

福岡大学人文学部専任講師

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

〈主要目次〉
序 章 近代東アジア/朝鮮の知識人 

第一部 朝鮮知識人と西洋体験 
第一章 尹致昊の海外経験と英語学習——東アジアの辞書学と朝鮮知識人の英語リテラシー
第二章 漢詩文で〈再現〉された西洋——『海天秋帆』『海天春帆小集』『環??艸』と理想郷の修辞
第三章 英文で〈再現〉された西洋——「日記」に記されたヨーロッパと朝鮮使節の文化的ダイナミズム 

第二部 朝鮮の近代と啓蒙のエクリチュール 
第四章 朝鮮開化期の民会活動と「議会通用規則」——「議会通用規則」の流通と翻訳の様相を中心に
第五章 イソップ寓話の翻訳と『ウスンソリ(笑話)』
第六章 漢字漢文教育の変容と『幼学字聚』

第三部 尹致昊の政治思想の変容と自由思想 
第七章 尹致昊の改革と啓蒙の論理——主権をめぐる政治思想の変容
第八章 尹致昊の啓蒙思想とキリスト教的自由——福沢諭吉の自由観と宗教観の比較を通じて
第九章 植民地朝鮮と自助論の政治的想像力——1910年代における尹致昊と崔南善の自助論

終 章 東アジア/朝鮮の近代と尹致昊 

【付録】尹致昊(1865-1945)年譜

Korean Modernity and Yun Ch'i-Ho: Ethos of Asian Intellectuals and the Ecriture of Enlightenment
Chung-Hee RYU


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。