大学出版部協会

 

 公快共楽の栄郷を志向した越境者公共する人間5 新井奥邃

公共する人間
公共する人間5 新井奥邃 公快共楽の栄郷を志向した越境者

A5判 344ページ
価格:4,700円+税
ISBN978-4-13-014175-8 C3310
奥付の初版発行年月:2010年10月

内容紹介

「人たる者は皆神聖にして犯すべからず」——幕末を生き,明治・大正を駆け抜けた稀有な思索の人・奥邃.儒教とキリスト教を思想的背景とし,田中正造との精神的な深い交友をもった,知られざる「いのちの思想家」の事跡と言行と思想に対し,公共哲学の観点から新たな光をあてる.


目次

1.今,わたしに見える新井奥邃の魅力(コール ダニエル/福岡女学院大学)
2.新井奥邃と田中正造(小松裕/熊本大学)
3.『新井奥邃著作集』と出版人のこころざし(三浦衛/春風社代表取締役)
4.新井奥邃とスウェーデンボルグ(高橋和夫/文化女子大学名誉教授)
5.近代日本キリスト教思想と新井奥邃(鈴木範久/立教大学名誉教授)
6.新井奥邃を公共哲学する(金泰昌/公共哲学共働研究所長)
7.新井奥邃と野の教育(播本秀史/明治学院大学)
8.新井奥邃における「二而一,一而二」の発想—現代への問いかけ(阿部仲麻呂/上智大学)
新井奥邃語録抄
年表でみる新井奥邃の公共世界
研究参考文献


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。