大学出版部協会

 

 公共の政を首唱した開国の志士公共する人間3 横井小楠

公共する人間
公共する人間3 横井小楠 公共の政を首唱した開国の志士

A5判 320ページ
価格:4,700円+税
ISBN978-4-13-014173-4 C3310
奥付の初版発行年月:2010年09月

内容紹介

「道を明らかにして世界の世話焼きにならねばならぬ」——幕末期に世界における日本の位置を見定め,「公共の政」としての近代日本の行方を指し示した小楠.その公共する思想を焦点とし,関連する人物を多角的に論じ,小楠とその時代について新しい知見を示す.


目次

はじめに(平石直昭)
1 小楠の思想形成に関わる伝記的検討(松浦 玲)
2 小楠の「大学講義」——儒学理解の特質(田尻祐一郎)
3 近世儒学における「公共」概念の歴史的検討(平石直昭)
4 小楠の経済認識と経済思想(川口 浩)
5 幕末小楠の世界認識と課題認識(源 了圓)
6 藤田東湖における道の公共性——『弘道館記述義』私解(小島 毅)
7 肥後実学豪農党の教育事業——小楠思想の継承と展開(沖田行司)
8 「小楠問題」を語りなおす——「道義」・「道義国家」言説の系譜学(姜海守)
おわりに(金泰昌ほか)
新資料 横井小楠「公私之説」——翻字と考証(平石直昭)


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。