大学出版部協会

 

 公共商道の志を実践した町人教育者公共する人間2 石田梅岩

公共する人間
公共する人間2 石田梅岩 公共商道の志を実践した町人教育者

A5判 320ページ
価格:4,700円+税
ISBN978-4-13-014172-7 C3310
奥付の初版発行年月:2011年10月

内容紹介

「士農工商は天下を治めるたすけとなる」——江戸期,都市化・経済化の流動的な波の中で,人々の生のつながりの公共的意義を説いた梅岩.広範な影響を及ぼしたその心学は,人々に希望を与え,世界のすべての存在が共に幸福になることをめざす創造的・運動的な営みであった.


目次

はじめに(片岡 龍・金泰昌)
発題I 石田梅岩の普遍主義——閉ざされた国家的秩序の中から(川田 耕)
発題II 経済社会化の時代における公共性追求の様相——石田梅岩の場合(高熙卓)
発題III 石田梅岩の学のダイナミズム——海保青陵との比較から(徳盛 誠) 
発題IV 石田梅岩の「心を知る」とは——実存的主体として生を共に活きる
    (喜田 勲)
発題V 石田梅岩の思想の公共性と言語観(ジョン・タッカー)
発題VI 石田梅岩の思想——共媒、共働、共福(韓立紅)
発題VII 町人の学問からみる公共哲学——石田梅岩の「商人道」を中心に(于臣)
発題VIII 石田梅岩から考える「公共する」実践(片岡 龍)
発題IX 石田梅岩を公共哲学する(金泰昌)
補 論 石田梅岩における商心商道(古藤友子)
付録 梅岩前史,主要著作解説(片岡 龍)


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。