大学出版部協会

 

 天下公共の道を講究した文人学者公共する人間1 伊藤仁斎

公共する人間
公共する人間1 伊藤仁斎 天下公共の道を講究した文人学者

A5判 344ページ
価格:4,700円+税
ISBN978-4-13-014171-0 C3310
奥付の初版発行年月:2011年01月

内容紹介

「道なるものは天下の公共,人心の同じく然るところ」——17世紀の京都,「武」に偏した時代に抗し,一市井人として『論語』と『孟子』というアジアの古典に立ち向かった仁斎.「公共的な対話」の場を重視した仁斎は,人間社会を,そして人や自然の「生命」のつながりをどう見ていたのか.


目次

はじめに (片岡 龍・金泰昌)
1 「武国」に抵抗する江戸思想——伊藤仁斎の「文」と「王道」言説をめぐって(藍弘岳)
2 山鹿素行の朱子学批判の現代的意義を考える(立花 均)
3 伊藤仁斎と李退渓——儒教的考え方における公共哲学との関連性を中心に(朴倍暎)
4 伊藤仁斎における「恕」の可能性——〈公共〉の視点から(田畑真美)
5 伊藤仁斎の「天下公共の道」における公共的な生と倫理(高煕卓)
6 伊藤仁斎の学問観——〈公共〉への参与と鑑識(片岡 龍)
7 伊藤仁斎の〈言葉と世界〉論——宇宙と天道の観念を中心に(ジョン・タッカー)
8 伊藤仁斎を公共哲学する(金泰昌)
補 「武士的公共性」の可能性——山鹿素行・荻生徂徠・乳井貢(小島康敬)
語録抄


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。