大学出版部協会

 

 分類から対話へ精神障害を哲学する

精神障害を哲学する 分類から対話へ

四六判 332ページ
価格:3,200円+税
ISBN978-4-13-010137-0 C3010
奥付の初版発行年月:2018年09月 / 発売日:2018年09月中旬

内容紹介

精神障害とは何か.精神医学とはどのような実践なのか.哲学史における狂気の概念や現代の分類・診断の変遷を分析し,「オープンダイアローグ」 などの対話的アプローチ や「当事者研究」の意義を探究することによって,精神医学の未来を探る.【推薦文】「「病院」から「地域」へ,「診断」から「当事者」へ,「分類」から「対話」へ.哲学者の透徹した視座が,精神医学の現状と未来を鮮やかに描き出す」——斎藤環(精神科医、筑波大学教授)

著者プロフィール

石原 孝二(イシハラ コウジ)

東京大学大学院総合文化研究科准教授

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

はじめに

  第I部 狂気と精神医学の哲学

第1章 狂気と理性
   1 古代のギリシアとローマにおける狂気と哲学
   2 共通感覚の概念
   3 狂気と理性の他者
   4 ロックと共通感覚
   5 カントによる「あたまの病気」の分類の試み
   6 感覚の錯覚と理性の欺瞞
   7 他者の視点の取得と共通感覚
   8 狂気と理性的主体

第2章 近代の疾病概念と精神医学の成立——精神医学はなぜ常に「遅れている」のか
   1 シデナムの疾病概念
   2 存在論的な疾病概念の否定と器官‐機能主義
   3 局在論者と器官‐機能主義
   4 病原体理論の確立と存在論的疾病概念
   5 一八世紀後半以降における狂気の分類体系の整備
   6 「精神医学」という語の登場
   7 専門分化と病院——精神医学の専門化は遅れたのだろうか
   8 クレペリンの疾病概念

第3章 生物学的アプローチと精神病理学
   1 脳機能局在論
   2 脳機能局在論への反応
   3 ヤスパースと現象学的精神病理学——精神障害をもつ人の経験を理解するとはどういうことなのか
   4 現象学的精神病理学の展開と限界
   5 薬物療法と精神病理学

  第II部 精神障害の概念と分類

第4章 認知症、統合失調症、自閉症の系譜学——統合失調症と自閉症はなぜ重要な精神障害となったのか
   1 知的障害と認知症
   2 統合失調症の概念形成
   3 統合失調症とスティグマ
   4 自閉症の系譜学

第5章 DSMとICD——精神障害を分類する試みの現代史
   1 ICD‐6における「精神および行動の障害」の章の登場
   2 DSM‐IとDSM‐II
   3 DSM‐IIIと記述的アプローチ
   4 潜在的に生物学主義的な医学モデルと新クレペリン主義
   5 スピッツァーによる非生物学主義的な医学モデルと精神障害の定義
   6 DSM‐5とディメンジョナル・アプローチ
   7 DSM/ICD体系の終焉(?)とRDoCプロジェクト

第6章 精神障害の哲学——「自然種」と「有害な機能不全」モデル
   1 精神障害は自然種か
   2 自然種とボイドのHPC種
   3 クーパーの自然種概念
   4 ウェイクフィールドの「有害な機能不全」モデル
   5 個人化モデルとしての機能不全モデル

第7章 同性愛と精神障害の概念
   1 精神障害の定義の諸条件
   2 同性愛をめぐって

  第III部 地域精神医療と当事者

第8章 地域精神医療と対話的アプローチ
   1 生物・心理・社会モデル再考
   2 精神病院の位置づけの変化
   3 脱施設化と地域精神保健への移行
   4 イタリア・トリエステモデル
   5 オープンダイアローグ
   6 オープンダイアローグとニード適合型アプローチ
   7 オープンダイアローグを支える制度と研究

第9章 当事者による活動
   1 Alleged Lunatics’ Friend Society
   2 ピアサポート/セルフヘルプグループ
   3 Consumer/survivor運動——解放とケア
   4 リカバリーの思想

第10章 当事者研究のインパクト
   1 「当事者」の概念
   2 当事者研究の誕生
   3 当事者研究のコンテクスト
   4 当事者研究と現象学
   5 反精神医学と当事者研究
   6 当事者研究の展開
   7 当事者研究の意義

終 章 精神障害と精神医学の行方

Philosophy of Mental Disorder: From Classification to Dialogue
Kohji ISHIHARA


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。