大学出版部協会

 

彼方からの声

シリーズ物語り論
彼方からの声

A5判 464ページ
価格:4,800円+税
ISBN978-4-13-003449-4
奥付の初版発行年月:2007年03月

内容紹介

歴史の闇に葬られたり,心の故郷を喪った他者に関わる物語りを発掘し,そこから聴き取れる呼びかけを「彼方からの声」として受けとめる.そこから物語る行為を通して,民族・文化・心の自閉の壁を超える公共世界の開けを待望する.


目次

はじめに(宮本久雄)
特論I 自己論から他者論へ——ナラティヴ・トランスポジション(坂部 恵)
発題I 「イアーゴーの庭」──物語と世俗的時空の産出(高田康成)
発題II 『ドン・キホーテ』の語り手たち(斎藤文子)
発題III 復生の文学──ハンセン病療養所の文藝作品を手引きとして(田中 裕)
発題IV 「もう一つのこの世」に向かって──石牟礼文学におけるポロシオ(隣人)の玄郷くにと近代(宮本久雄)
総合討論I
発題V 英 雄──知とその逸脱(三浦佑之)
発題VI 物語享受の可能性──生命論的妄想論に依拠して(渡辺哲夫)
発題VII カンブリア紀の爆発──生物進化の物語(遠藤一佳)
総合討論II
発題VIII 物語と儀礼──李清俊の『白衣』に描かれる朝鮮戦争の記憶と和解への試み(具正謨)
発展協議
特論II 語り直す力——星野道夫の物語に呼応して(吉田敦彦)
特論III 女たちの場所から語る——物語の解放(北川東子)
おわりに——彼岸からの声について語り合う(金泰昌・坂部 恵・宮本久雄)


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。