大学出版部協会

 

文化と芸能から考える公共性

公共哲学
文化と芸能から考える公共性

A5判 392ページ
価格:3,800円+税
ISBN978-4-13-003435-7(4-13-003435-9) C330
奥付の初版発行年月:2004年11月

内容紹介

人々の生活世界から公共世界を形成する上で,文化や芸能(芸術)は重要な位置を占める.本巻は,実践家および研究者の双方の対話により,文化と芸能(芸術)が開く公共世界を探究する.


目次

はじめに:公共の現成(宮本久雄)
発題I 映画とテレビ・ドラマから見た公と私(佐藤忠男)
発題II 日本中世の芸能をめぐる共同体と権力(義江彰夫)
発題III 連歌・一揆・会所(松岡心平)
総合討論(コーディネーター:金 泰昌)
発題IV 身体の近代,演劇の近代(兵藤裕己)
発題V 街頭からお茶の間へ:戦後日本のテレビにおける〈公共〉と〈私〉(吉見俊哉)
発題VI 対話型社会に向けて(平田オリザ)
発題VII 文学における公共性と私性(加藤典洋)
発展協議I・II(コーディネーター:金 泰昌)
特論I 音楽と公共性・公共世界の関係に関する一試論(義江彰夫)
特論II 音楽と公共世界,否定と継承(東島 誠)
特論III サブカルチャーと新しい公共性:歴史の終わりに徳をもとめて(守永直幹)
おわりに(金 泰昌)


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。