大学出版部協会

 

 カリブ地域文化研究クレオールのかたち

クレオールのかたち カリブ地域文化研究

A5判 324ページ
価格:4,400円+税
ISBN978-4-13-001034-4(4-13-001034-4) C302
奥付の初版発行年月:2002年05月

内容紹介

国民国家と文化の神話を解体する戦略としてのクレオール.その衝撃をうけとめ,またその消費をこえて,どのような地域研究を構想できるか? 歴史,政治から文学まで,またカリブから旧宗主国そして日本まで,学問分野と時空を縦横に往還し,いま地域研究が開く.


目次

I クレオールの現場
 1 異民族,異文化共生の理念を阻むクレオール(遠藤泰生)
 2 ポストコロニアル・プエルトリコ(阿部小涼)
II クレオールの外延
 3 熱帯林のクレオール(木村秀雄)
 4 都市景観にみるクレオール文化とミドルクラス(高橋 均)
 5 ペルーの黒人とクリオーリョ(H・W・ロサス・アルバレス)
III 俯瞰されるクレオール
 6 普遍性への途上(増田一夫)
 7 カリブの人喰い人種(足立信彦)
IV 再帰するクレオール
 8 ジャメイカ・キンケイドの『小さな場所』第一章を教えることについて(柴田元幸)
 9 デレク・ウォルコットの詩におけるクレオール言語(ローレンス・ブライナー)
 10 カリブのクレオール化の一例(M・A・ゴツサー・エスキリン)


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。