大学出版部協会

 

 その意義と課題ソーシャルワークを支える宗教の視点

ソーシャルワークを支える宗教の視点 その意義と課題 The Contribution of Religion to Social Work

四六判 220ページ 上製
定価:2,000円+税
ISBN978-4-915832-88-8 C0036
奥付の初版発行年月:2010年02月

内容紹介

本書が書かれた1930年代のアメリカは、経済不況による凄まじい格差社会が到来していた。しかし社会の公正を実現するための「社会福祉事業」はあまりに理想主義的で、個人主義的で、感傷主義的で、機能していないという問題状況があった。著者は、「社会の経済的再編成」「社会組織再編」「社会の政治的な再編成」という壮大な社会構想のもとで、本来あるべき社会福祉の姿を提示する。

著者プロフィール

ラインホールド・ニーバー(ニーバー,ラインホールド)

20世紀アメリカを代表する神学者(1892-1971)。神学者であるばかりでなく、社会倫理学者、政治哲学者でもあり、キリスト教世界のみならず、幅広く社会の諸問題、とりわけ国際関係を含む政治の領域で多く発言した文明評論家であるとともに、実際に、政治の領域を中心に社会に深く関わった実践的活動家。

髙橋 義文(タカハシ ヨシブミ)

1943年生まれ。アンドリューズ大学大学院修士課程および東京神学大学大学院博士課程修了。神学博士(東京神学大学)。三育学院短期大学教授・学長、エモリー大学客員研究員を経て、現在、聖学院大学大学院・総合研究所教授。

西川 淑子(ニシカワ トシコ)

同志社大学大学院文学研究科修士課程修了。龍谷大学社会学部臨床福祉学科准教授。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

第一章 ソーシャルワークの歴史における宗教
第二章 宗教に基づく慈善の限界
第三章 精神と社会の健全さの原動力としての宗教
第四章 個人と社会における不適応の原因としての宗教
第五章 ソーシャルワーカーの原動力としての宗教
第六章 現代における宗教とソーシャルアクション
◇解説◇
ソーシャルワークにおける宗教――ニーバーの視点  髙橋義文
社会福祉の視点から本書を読む  西川淑子



関連書

『光の子と闇の子』デモクラシーの批判と擁護
『アメリカ史のアイロニー』
『ニーバーとその時代』
ラインホールドニーバーの預言者的役割とその遺産

『ラインホールド・ニーバーの歴史神学』
ニーバー神学の形成背景・諸相・特質の研究

『アメリカにおける神の国 』
The KIngdom of God in America


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。