大学出版部協会

 

死別の悲しみから立ち直るために

臨床死生学研究叢書
死別の悲しみから立ち直るために

A5判 308ページ 上製
定価:4,000円+税
ISBN978-4-915832-83-3 C3311
奥付の初版発行年月:2010年03月
発行:聖学院大学出版会  
発売:http://www.seigpress.jp/
この大学出版部の本一覧
在庫あり

内容紹介

愛する家族や友人を病気や事故で失った人々がその悲しみをどのように受け止め,悲しみから立ち直ることができるのか.医師として看護師として,また精神科医として死別の悲しみに寄り添う方々が,臨床の場で,考察を深め,死別の悲しみから立ち直るための,多様で個性ある「グリーフワーク(悲嘆の作業)」の道筋を語る. 

前書きなど

 本書は、「臨床死生学研究叢書」の第二巻として編集されている。第一巻『死別の悲しみに寄り添う』が「グリーフケアを主題にしているのに対して、第二巻は『死別の悲しみから立ち直るために』という書名に表されているように、死別の悲しみからの回復のあり方、グリーフワークを主題とした。

著者プロフィール

平山 正実(ヒラヤマ マサミ)

自治医科大学助教授(精神医学)、東洋英和女学院大学大学院教授(死生学、精神医学)を経て、現在、聖学院大学総合研究所・大学院(人間福祉学科)教授、北千住旭クリニック精神科医。医学博士、精神保健指定医。

大西 秀樹(オオニシ ヒデキ)

埼玉医科大学国際医療センター精神腫瘍科教授・精神科医。専門領域は、精神腫瘍学、死生学。患者遺族の心のケアを行う「遺族外来」をわが国で初めて開設。

小島 ひで子(コジマ ヒデコ)

北里大学看護学部准教授。主に終末期患者の子ども及び死別した子どものグリーフケア活動、研究をしている。

門林 道子(カドバヤシ ミチコ)

昭和薬科大学・川崎市立看護短期大学等非常勤講師。主たる研究は「闘病記の社会学的研究」。日本死の臨床研究会世話人、城南緩和ケア研究会世話人。

大西 奈保子(オオニシ ナオコ)

東北福祉大学健康科学部講師を経て、2010年4月より東都医療大学准教授。専攻は看護学・死生学・ターミナルケア。博士(人間科学)。

五十子 敬子(イラコ ケイコ)

尚美学園大学総合政策学部・同大学院教授。博士(法学)。

吹抜 悠子(フキヌキ ユウコ)

文部省派遣留学生としてカンボジアのプノンペン王立大学に留学。その後、東京外国語大学非常勤講師等を務める。現在、キリスト教メンタル・ケア・センター理事。関東学院大学キリスト教と文化研究所客員研究員。

高橋 克樹(タカハシ カツキ)

日本基督教団豊島岡教会牧師。日本聖書神学校教授。大学で生命倫理の非常勤講師も務める。

窪寺 俊之(クボテラ トシユキ)

博士(人間科学、大阪大学)。リッチモンド記念病院(米国)と淀川キリスト病院(大阪市)でチャプレン(病院付牧師)。イーストベイ・フリーメソジスト教会牧師(米国)。関西学院大学神学部元教授。現在、聖学院大学大学院教授(スピリチュアルケア学)。日本臨床死生学会理事、スピリチュアルケア学会理事。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

Ⅰ 臨床医学における死とグリーフワーク
  遺族外来からみえてきたもの            大西秀樹
  がん患者を親にもつ子どもへの症状説明と予期悲嘆  小島ひで子
  闘病記とグリーフワーク
   ――遺族が書くことの意味            門林道子
   
Ⅱ 社会における死とグリーフワーク
  在宅医療におけるホスピスケア
   ――実現に向けての教育とシステム構築の提案  大西奈保子
  自殺と責任をめぐって
   ――自殺予防と自死遺族の悲嘆克服のために  五十子敬子
  カンボジア大量虐殺からの悲嘆克服への道程
   ――民族のグリーフワークを考える  吹抜 悠子
   
Ⅲ 宗教によるグリーフワークの意義と問題
  グリーフ(悲嘆)ケアにおいて、物語ることの意味
   ――スピリチュアルな視点からの援助       高橋 克樹
  「宗教的思考」から「スピリチュアルな思考」へ
   ――H・S・クシュナーの悲嘆を中心に      窪寺 俊之
  うつ病者の病的罪責感と回復をめぐって
   ――そのキリスト教人間学的考察         平山 正実

関連書

臨床死生学研究叢書1 『死別の悲しみに寄り添う』
臨床死生学研究叢書3 『死別の悲しみを学ぶ』
臨床死生学研究叢書4 『臨床現場からみた生と死の諸相』
臨床死生学研究叢書5 『希望を支える臨床生死観』
人生の危機における人間像 危機からの創造をめざして


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。