大学出版部協会

 

 ハイデルベルクにおけるアングロサクソン研究の伝統ヴェーバー・トレルチ・イェリネック

ヴェーバー・トレルチ・イェリネック ハイデルベルクにおけるアングロサクソン研究の伝統

四六判 236ページ 上製
定価:3,600円+税
ISBN978-4-915832-45-1(4-915832-45-7) C3010
奥付の初版発行年月:2001年12月

内容紹介

ヨーロッパ近代の問題を理解する際に欠かすことのできない文献としてヴェーバー『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』,トレルチ『近代世界の成立におけるプロテスタンティズムの意義』,イェリネック『人権宣言論争』がある.それらは,分野やアプローチは異なるものの,アングロサクソン世界に展開したプロテスタンティズムの意義に注目している.本書は,この主題で開催された国際シンポジウムの記録を編集したものである.


目次


・ハイデルベルクにおけるアングロサクソン研究の伝統
   —G・イェリネック、M・ウェーバー、E・トレルチ
・ヴェーバーのアングロサクソン研究
・ハイデルベルクのイェリネック—人権学説における歴史的レーベンの力

・シンポジウムでのコメント1
・シンポジウムでのコメント2

・ヴェーバー・テーゼとピューリタニズム—批判と反批判
・近代ドイツとデモクラシー—イェリネックを中心に

関連書

『トレルチとドイツ文化プロテスタンティズム』
『ハルナックとトレルチ』


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。