大学出版部協会

 

近代世界とキリスト教

近代世界とキリスト教 Christentum im einer säkularisierten Welt

四六判 174ページ 上製
定価:2,000円+税
ISBN978-4-915832-26-0(4-915832-26-0) C0016
奥付の初版発行年月:1999年04月

内容紹介

近代世界の成立にキリスト教はどのような役割を果たしたのか.この問いに対して,ヴェーバーやトレルチなどの見解が提示されてきた.ポスト・モダンや近代の終焉が語られる現代において,プロテスタント・キリスト教が果たした役割について,時代遅れのものと見なされる傾向がある.現代ドイツ神学者のパネンベルクは,近代世界の成立とキリスト教の関係を積極的
に評価し,さらに現代のキリスト教の諸問題を明らかにしている.


目次

編訳者序論 近代世界とキリスト教—W・パネンベルクの視点
第1章 世俗化された世界におけるキリスト教
 世俗化についての論争とその歴史的起源の問題
 文化的な世俗化の問題の帰結
 世俗化した文化におけるキリスト教神学の課題   ほか
第2章 宗教改革と近代
第3章 近代のキリスト教的正統性—ハンス・ブルーメンベルクの書物について
第4章 セオクラシー的な選択
 社会の政治的な一致のための前提としての宗教の一致
 世俗化のプロセスと国家の宗教的な中立
 近代的批判の反動   ほか

関連書

『現代に生きる教会の使命』
『歴史としての啓示』
『キリスト教社会倫理』


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。