大学出版部協会

 

 違憲審査制と基本的人権の考察国家と法の比較研究

国家と法の比較研究 違憲審査制と基本的人権の考察

A5判 462ページ 上製
定価:7,961円+税
ISBN978-4-915832-07-9(4-915832-07-4) C3032
奥付の初版発行年月:1994年03月

内容紹介

近代デモクラシーの基盤にある違憲審査制と,近代人権概念の根幹にある「信教の自由」の欧米各国における成立過程を歴史的にたどり,日本の明治憲法と日本国憲法を比較考察する.

著者プロフィール

酒井 文夫(サカイ フミオ)

1920年,愛知県豊橋市に生まれる。旧制山形高等学校文科甲類を経て,1944年東京帝国大学法学部政治学科を卒業した。2年間,軍務に服した。大学卒業後,一時期,民間企業に勤務したが,その後,常葉学園大学(静岡市)教授となり,憲法・政治思想史の講義を担当した。1988年,聖学院大学の創設と同時に着任し,憲法・比較憲法の講義を担当して,今日に至る。また,大学の研究機関である総合研究所が主宰した「デモクラシーの研究」においては,研究代表を務めた。日本公法学会,比較法学会,全国憲法研究会その他学会の会員。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

第1部 欧米・日本の違憲審査制の比較
 欧米の違憲審査制の成立と特質—憲法思想史的考察
 司法権の意義と日本の違憲審査制の機能—比較憲法的考察
 違憲審査制における自制理論
 憲法判断回避の準則と統治行為論
 デモクラシーと法制度—違憲審査制を視座の中心として
 日本国憲法における「法の支配」
第2部 国家と宗教・思想—基本的人権の考察
 欧米における「国家と宗教」—信教の自由と政教分離の考察
 明治憲法と信教の自由;明治国家における教育と宗教
 「国体」と憲法学説—美濃部達吉を視座の中心として
 明治憲法と美濃部達吉の思


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。