大学出版部協会

 

キリスト教社会倫理

キリスト教社会倫理 Ethik und Ekklesiologie

四六判 270ページ 上製
定価:2,524円+税
ISBN978-4-915832-00-0(4-915832-00-7) C0016
奥付の初版発行年月:1992年04月

内容紹介

原著 Ethik und Ekklesiologie 第1部 の部分訳
ドイツの神学者W. パネンベルクが論ずるキリスト教社会倫理学.倫理的規範がゆらぐ現代の倫理的危機状況を認識しながら,法,倫理の基礎づけの基本的問題から,政治権力,平和,人類統一など,現実的諸問題までを,神学を基盤に論じている.

著者プロフィール

W・パネンベルク(パネンベルク,W(ヴォルフハルト))

1928年シュテッティン生まれ。ドイツのプロテスタント神学者。1968~1994年ミュンヘン大学教授(組織神学)。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

法の神学
倫理的なものの危機と神学
ゲルハルト・エーベリンク氏に答えて
エルンスト・トレルチにおける倫理学の基礎づけ
ルターの二世界統治論
キリスト教信仰と社会
神の平和と世界の平和
人類の未来と統一

関連書

『現代に生きる教会の使命』
『近代世界とキリスト教』
『歴史としての啓示』


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。