大学出版部協会

 

自分ごととして考えるこれからのエネルギー教育

自分ごととして考えるこれからのエネルギー教育

B5判 並製
定価:1,600円+税
ISBN978-4-903866-46-8 C1042
奥付の初版発行年月:2018年03月 / 発売日:2018年03月上旬
発行:三重大学出版会  
発売:三重大学出版会
この大学出版部の本一覧
在庫あり

内容紹介

自然科学の世界を訪ねていくと自然に見えてくるモノがある。
「高レベル放射性廃棄物」の時代を生きる智恵
時代を生きるシリーズ

出版部から一言

原子力発電で使用した核燃料から出る“危険なゴミ”をどう処理するか。

前書きなど

 高レベル放射性廃棄物の処分は、日本が抱える重大な問題です。高レベル放射性廃棄物はすでに日本に存在します。今後の原子力発電の動向に関係なく、今あるものは処分しなければなりません。また、この問題は長期にわたって取り組む必要があるため、次の世代を担う子どもたちに、ぜひ伝えておくべきものです。
 この問題について、日本学術会議は、問題の重要性と緊急性を国民が認識すること、そして、学校教育においてこの問題を扱うことの必要性を提言しています。また、処分事業の実施主体である原子力発電環境整備機構は、国民の理解促進を目的として、出前授業や教育関係者を対象としたワークショップを開催しています。しかし、学校教育全体としては、この問題はほとんど扱われていません。理由の一つとして、教材の少なさが挙げられます。
 このたび、高レベル放射性廃棄物の処分をテーマとした教材を作成しました。教材を通して、子どもたちに、高レベル放射性廃棄物とその処分に関する知識を理解させるとともに、学習した知識を活用して、高レベル放射性廃棄物の処分について自分ごととして考えられるようにすることをねらいとしています。

著者プロフィール

平賀伸夫(ヒラガノブオ)

三重大学教育学部 教授

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

Ⅰ部 本教材の目的、構成、特徴
Ⅱ部 教師用ワークシート
Ⅲ部 付録CD

 付録CDの目次
 第1章 電気エネルギーと放射線
  1,電気エネルギーについて
  2,放射線について
 第2章 原子力発電所から出る“危険なゴミ”
  1,高レベル放射性廃棄物について
  2,高レベル放射性廃棄物の処分方法を考えよう
 第3章 高レベル放射性廃棄物を処分するために
  1,地層処分について
  2,処分地を決めるときに重視する要因を考えよう
  3,処分地を決定しよう
 第4章 私たちの未来
  1,私たちのこれからを考えよう


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。