大学出版部協会

 

持続可能な社会を考えるエネルギーの授業づくり

持続可能な社会を考えるエネルギーの授業づくり

A5判 128ページ 並製
定価:1,200円+税
ISBN978-4-903866-37-6 C0037
奥付の初版発行年月:2017年03月 / 発売日:2017年04月上旬

内容紹介

 人類はより便利で快適な生活が送れるようにエネルギーを工夫して使用してきた。しかし,産業革命以降のエネルギーの大量消費により,近年は世界全体でエネルギー資源の枯渇や環境破壊が深刻化している。
 東日本大震災以降,日本ではエネルギーと社会の関係について改めて問い直す気運が高まった。現代の便利で快適な生活を未来の人々も享受できるように,エネルギー問題について持続可能な開発という価値観を踏まえて,地域という空間軸や過去・現在・未来の時間軸から追究していく教育が社会的に要請されている。すなわち,エネルギーをテーマとしたESD(持続可能な開発のための教育)である。
 エネルギーを取り上げた授業は理科や社会科や家庭科や総合的な学習の時間などを中心に実践することが可能である。エネルギーと社会との関係に焦点をあてる場合,特に社会科において,持続可能性の視点から社会はどうあるべきか,どう行動するべきかを思考・判断・表現するような持続可能な社会を考える授業を系統的に位置付けていく必要がある。
 本書は,持続可能な社会を考えるエネルギー教育の学習論とエネルギー教材としての電気の特質を明らかにした上で,小・中学校において,エネルギーの安定供給を考える授業,エネルギーの持続的利用を考える授業,エネルギーと持続可能な社会との関係を考える授業を提案し,実践した成果を示す。

前書きなど

現代の便利で快適な生活を未来の人々も享受できるように,エネルギーをテーマとしたESD(持続可能な開発のための教育)を推進する必要がある。
本書は,持続可能な社会を考えるエネルギー教育の学習論とエネルギー教材としての電気の特質を明らかにした上で,小・中学校において,エネルギーの安定供給を考える授業,エネルギーの持続的利用を考える授業,エネルギーと持続可能な社会との関係を考える授業を提案する。

著者プロフィール

永田 成文(ナガタ シゲフミ)

三重大学教育学部教授

山根 栄次(ヤマネ エイジ)

三重大学教育学部名誉教授

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

プロローグ 持続可能な社会の実現を見据えたエネルギーの授業
第1章 持続可能な社会を考えるエネルギー教育
第2章 社会科におけるエネルギーの授業づくり
第3章 エネルギーの安定供給を考える授業づくり
第4章 エネルギーの持続的利用を考える授業づくり
第5章 エネルギーと持続可能な社会との関係を考える授業づくり
エピローグ エネルギー教育の研究に継続して取り組む


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。