大学出版部協会

 

認知症もっと知りたいこと99

認知症もっと知りたいこと99

A5判 224ページ 並製
定価:1,600円+税
ISBN978-4-903281-41-4 C0047
奥付の初版発行年月:2019年03月 / 発売日:2019年03月中旬

内容紹介

◎「アルツハイマー病」を発症する人としない人の違いは?
◎使用可能になりそうな認知症の新薬はある?
◎アルミの鍋を使っていると「アルツハイマー病」になる?
◎「歯周病」が「アルツハイマー病」の原因?
◎緑茶は認知症予防になる?
◎温泉は効果がある? 単なる銭湯でもいい?
◎睡眠薬を使っていると認知症になりやすい?
◎タバコは認知症の危険因子?
◎アロマセラピーは有効?
認知症99の疑問を薬学部の教授がQ&A形式で解説!

前書きなど

本書は、以前に発刊した「認知症 いま本当に知りたいこと101」の続編です。

私は、大学の薬学部教員として、さまざまな医薬品が病気に効く仕組みについて学生に教えるかたわら、専門的な研究活動として、認知症治療薬に関する研究を行ってきました。
また、武蔵野大学では、一般市民の方を対象とした生涯学習講座(「三鷹サテライト講座」)を開講しており、その一コマとして「認知症の基礎知識」という講座を不定期に開講しています。
加えて、埼玉県が運営している「彩の国いきがい大学」や、所沢市の「所沢市民大学」では、毎年、脳科学や認知症に関する講座を担当させていただいています。
前著では、「武蔵野大学三鷹サテライト教室」、「所沢市民大学」、「彩の国いきがい大学伊奈学園」の受講生の方々から寄せていただいた疑問に対して私が答える形で、認知症について分かりやすくお伝えすることに努めました。
多くの方から、「読みやすい」「分かりやすい」「面白かった」など反響をいただきましたが、二つの心残りがありました。

1つ目は、出版の都合上、101の質問にしぼりこみましたが、実はみなさんから寄せられた疑問は、もっとたくさんあったのです。中には、私が予想しないような質問や、個人的な悩みなども含まれていました。せっかくお寄せいただいた質問が掲載できず、受講生の方には申し訳ないという気持ちでした。

2つ目は、前著を出版してからわずか1年半しかたっていませんが、その間にも状況が変わったことです。例えば、認知症治療薬の開発状況については日々動きがあり、「もうすぐ実用化の見込み」と伝えられていたものが突然、「開発中止」と伝えられたものもあります。

また、認知症患者をとりまく社会情勢や制度も、日々動いています。いつかどこかで、アップ・ツー・デートされた情報をきちんとお伝えしなければという思いもありました。
そこで、今回続編を出版する運びとなりました。
前著を読んでくださった方には繰り返しになるかもしれませんが、中には本書が初めてという方もいらっしゃると思うので、認知症に関する基本中の基本について、少しだけふれておきます……。

著者プロフィール

阿部和穂(アベカズホ)

1963 年愛媛県今治市生まれ。東京大学薬学部卒業後、東京大学大学院薬学系研究科修士課程修了。東京大学薬学部助手、米国カリフォルニア州ソーク研究所博士研究員、星薬科大学講師を経て、武蔵野大学薬学部
教授。薬学博士。専門は脳と薬。著書に『マンガで読む脳と酒』『認知症とたたかう脳』『危険ドラッグ大全』『大麻大全』『認知症 いま本当に知りたいこと101』など。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

第1章 認知症の基礎・診断
第2章 認知症の対応
第3章 認知症の治療法
第4章 認知症の予防
第5章 脳雑学


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。