大学出版部協会

 

 (ハードウェア記述言語VHDLによる)手作りCPU

手作りCPU (ハードウェア記述言語VHDLによる)

B5判 76ページ 並製
定価:1,200円+税
ISBN978-4-902774-15-3(4-902774-15-1) C3055
奥付の初版発行年月:2006年10月

内容紹介

 近年,再構成可能デバイスCPLDやFPGAの大規模なものが普及したこと,文字列で回路を記述するハードウェア記述言語HDLがパソコン上で利用可能になったことによって,大学等においてCPUの設計・製作実験が容易にできるような環境が整ってきた。本書では, CPUとして動作する最小限の部品による小規模なCPUの設計・製作を提示し,これをVHDLでプログラミングを行い,CPLDに格納して自分独自の CPU(手作りCPU)を設計・製作する手順を示す。さらに,この手造りCPU用アセンブリ言語によるモニタプログラムなどを示し,手造りCPUをプロセッサボードに実装して,機械語プログラムによって実際に動作させる手法を示す。以上本書は,自分独自のCPUを造ってみたいという学生諸氏および専用プロセッサ開発・研究者等の入門書および教科書として最適である。



一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。