大学出版部協会

 

 For innovative-education in university today大学教育と「産業化」

大学教育と「産業化」 For innovative-education in university today

A5判 194ページ 並製
定価:2,000円+税
ISBN978-4-88125-190-4 C3037
奥付の初版発行年月:2007年03月

内容紹介

80年代から高度知識情報化に向かっている産業社会に対して、日本の大学は如何に有効に応え得るのか。比較経済システム論の専門化である著者が、大学教育とその制度・組織における革新化(イノベーション)を掲げて、詳細に検証・提言する。

著者プロフィール

吉家 清次(キッカ セイジ)

1936年,岩手県生まれ。1964年,明治大学大学院政治経済学研究科経済学専攻(博士課程)満期退学。高崎市立高崎経済大学経済学部専任講師を経て,1968年専修大学経済学部専任講師。1976年同教授。日本経済政策学会理事。神奈川県労働審議会会長。
主要著書
『利潤論』同文舘,1972。『資本主義と社会主義』(共著)日本評論社,1974。『経済体制革新のシナリオ』(共著)ダイヤモンド社,1978。『比較経済社会システム論』白桃書房,2005。「空間の経済学的可能性」『専修大学社会科学研究所年報』28号,1981。「生体経済学への可能性」『専修経済学論集』28巻3号,1992。「『グローカリズム(G-Localism)』の経済社会論」『専修経済学論集』41巻3号,2007。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

第一章 高等教育「産業化」論
 1 八〇年代の「企業学校」ブームの意味
 2 教育需要の増加と教育の「産業化」

第二章 高度知識社会化と大学二部教育改革
 1 昼間部予備軍となった「二部教育」
 2 二部教育改革の基本方向(素案)
 3 二十一世紀型「二部教育」試説
 4 「オーストラリアの大学」断章

第三章 「出口」からの大学教育改革論
 1 就職指導の立場から望まれる「教育施策」
 2 就職指導の立場から望まれる「学生部」
 3 「学生生活」 ― 就職指導の立場から望むこと

第四章 一経済学教師の軌跡 ― あとがきに代えて―





一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。