大学出版部協会

 

 都心と郊外の人口地理学首都圏人口の将来像

首都圏人口の将来像 都心と郊外の人口地理学

A5判 178ページ 上製
定価:2,800円+税
ISBN978-4-88125-175-1(4-88125-175-9) C3025
奥付の初版発行年月:2006年03月

内容紹介

日本の人口が減少に転じた今、その将来像を推計することは重要だ。豊富な図表を駆使して、首都圏の人口予測と分析を行い、郊外化の終焉と都心回帰にふれる。本書はまた郊外の地域づくりや暮らしの構築をも訴えている。

著者プロフィール

江崎 雄治(エサキ ユウジ)

専修大学文学部助教授
1967年神奈川県藤沢市生まれ
東京大学理学部地学科地理学課程卒,同大学院理学系研究科地理学専攻博士課程中退 博士(理学)
東京大学助手,国立社会保障・人口問題研究所研究員,専修大学文学部講師をへて現職
国土審議会専門委員,総務省統計研修所講師を歴任
[著書] 『現代日本の人口問題』日本統計協会 1995年,『職業からみた人口―その地域構造と変動』大蔵省印刷局 1996年,『日本の人口移動―ライフコースと地域性』古今書院 2002年(以上分担執筆)

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

第Ⅰ章 21世紀の日本の人口
 1 人口はどのように変化するか
 2 日本人口の将来 ― 不可避な長期にわたる人口減少
第Ⅱ章 少子化の要因と今後の展望
 1 少子化の要因 ― 既婚女性の子ども数の減少と未婚女性の増加
 2 大都市における少子化の深刻さ
第Ⅲ章 「向都離村」人口移動の減少
 1 首都圏への流入人口の減少
 2 就職・進学における地元志向の強まり
 3 地方圏出身者のUターン志向の強まり
 4 首都圏への若年人口供給の減少 ― ふたたび訪れることのない「人口移動の時代」
第Ⅳ章 首都圏人口の今後
 1 将来人口推計の概要
 2 都道府県人口の見通し
第Ⅴ章 郊外化の終焉と都心回帰
 1 20世紀後半の首都圏の人口変化 ― 郊外化の時代
 2 人口の都心回帰
 3 都心回帰と近年の都心居住者のプロフィール
第Ⅵ章 郊外地域の将来人口
 1 小地域単位でみる郊外の人口
 2 将来人口推計の方法
 3 首都圏郊外における今後の人口変化
第Ⅶ章 選別される郊外住宅地
 1 低迷する遠郊部の住宅地 ― 神奈川県A住宅地の事例
 2 郊外住宅地の「過疎」と非持続性
第Ⅷ章 おわりに ― 人口停滞、減少を前提とした地域づくり
 1 本書のまとめ
 2 人口停滞、減少を前提とした暮らしの構築 ― 真に住みよい社会へ


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。