大学出版部協会

 

 アメリカ合衆国における連邦議会議員の原告適格法理の地平から国会議員による憲法訴訟の可能性

国会議員による憲法訴訟の可能性 アメリカ合衆国における連邦議会議員の原告適格法理の地平から

A5判 274ページ 上製
定価:3,600円+税
ISBN978-4-88125-167-6(4-88125-167-8) C3032
奥付の初版発行年月:2006年01月

内容紹介

日本では国会議員による憲法訴訟など考えられもしない。一方、アメリカの司法審査制度では連邦議会議員を原告とする憲法訴訟が認められている。本書は、その彼我の違いは何であるかを明らかにし、日本における国会議員による憲法訴訟の可能性を追求する。

著者プロフィール

三宅 裕一郎(ミヤケ ユウイチロウ)

1972年 岩手県水沢市に生まれる
1995年 法政大学法学部法律学科卒業
2004年 専修大学大学院任期制助手(2005年3月まで)
2005年 専修大学大学院法学研究科博士後期課程修了 博士(法学)
現在 埼玉大学教育学部非常勤講師
主要論文・業績
「Prize Cases によるアメリカ合衆国大統領の戦争権限の拡大―その批判的検討と軍事に対する司法的統制にむけての一考察」『専修法研論集』第26号,2000年
「アメリカ合衆国における連邦議会議員の原告適格と軍事に対する司法的統制(1)~(4・完)」『専修法研論集』第29号,2001年;第30号,2002年;第32号,2003年;第33号,2003年
「日本における国会議員による憲法訴訟の可能性」『専修法研論集』第34号,2004年
「普遍的要請と国家主権のはざまにある人権(1)~(3)」『専修法学論集』第83号,2001年;第84号,2002年;第85号,2002年
(E. Denninger, Menschenrechte zwischen Universalitätsanspruch und Staatlicher Souveränität, in MENSCHENRECHT UND GRUNDGESET (1994)を,石村修・渡邊一弘と共訳)

上記内容は本書刊行時のものです。

目次


第1章 連邦最高裁判所判決における一般的な原告適格法理の展開
 第1節 総説
 第2節 1970年代に至る以前の一般的な原告適格法理
 第3節 1970年代初頭における一般的な原告適格法理の緩和化
 第4節 1974年を転機とする一般的な原告適格法理の厳格化
 第5節 小括

第2章 連邦裁判所判例にみる連邦議会議員の原告適格法理の展開と拡大
    ― Kennedy v. Sampson事件連邦控訴裁判所判決(1974年)まで
 第1節 Coleman v. Miller事件連邦最高裁判所判決(1939年)
 第2節 Mitchell v. Laird事件連邦控訴裁判所判決(1973年)
 第3節 Holtzman v. Schlesinger事件連邦控訴裁判所判決(1973年)
  (1) 事実
  (2) 判決の概要
  (3) 評価 ― 政治問題と原告適格の交錯?
 第4節 Kennedy v. Sampson事件連邦控訴裁判所判決(1974年)
  (1) 事実
  (2) 判決の概要
  (3) 評価 ― 連邦議会議員の「派生的な」原告適格について

第3章 1970年代後半からの連邦議会議員の原告適格法理の厳格化
    ― 1980年代における「エクイティ上の裁量」という法理の台頭
 第1節 1980年代以前の連邦議会議員による主な訴訟
 第2節 マクガアン裁判官による「エクイティ上の裁量」という法理の提唱
 第3節 1980年代以降の連邦議会議員による主な訴訟と「エクイティ上の裁量」
 第4節 軍事・外交問題に関する訴訟と「エクイティ上の裁量」
 第5節 小括

第4章 連邦議会議員の原告適格法理の現在
    ― Raines v. Byrd事件連邦最高裁判所判決(1997年)による極小化と混乱
 第1節 事実
 第2節 判決の要旨
  (1) レーンクィスト首席裁判官の法廷意見
  (2) スーター裁判官の同意意見
  (3) スティーヴンス裁判官の反対意見
  (4) ブレイヤー裁判官の反対意見
 第3節 Raines判決の原告適格法理をめぐる法的問題点
  (1) 「個人的な損害」要件の問題点
  (2) Coleman判決に基づく「票の完全な無効化」基準の問題点
 第4節 小括
第5章 日本における国会議員による憲法訴訟の可能性
 第1節 警察予備隊違憲訴訟(1952年)再訪
  (1) 日本の司法審査制の性質に関する諸説
  (2) 警察予備隊違憲訴訟における原告議員の原告適格に関する主張
  (3) 社会党による裁判所法改正案と違憲裁判手続法案の作成
 第2節 日本の「アメリカ型」司法審査制とアメリカ司法審査制との乖離
  (1) 「乖離」の所在の探訪
  (2) 「アメリカ型」司法審査制と「大陸型」行政事件訴訟の相克
 第3節 日本における国会議員による憲法訴訟論導出の可否
  (1) 司法権内在型「機関訴訟」としての国会議員による憲法訴訟
  (2) 憲法上の立法権限侵害に対する国会議員による憲法訴訟

おわりに あとがき 索 引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。