大学出版部協会

 

 「リベラル」と「コンサヴァティブ」の対立米国の大統領と国政選挙

米国の大統領と国政選挙 「リベラル」と「コンサヴァティブ」の対立

A5判 276ページ 並製
定価:2,400円+税
ISBN978-4-88125-153-9(4-88125-153-8) C1031
奥付の初版発行年月:2004年10月

内容紹介

米国では大統領選挙は「希望の投票」と、一方中間選挙は「不満の投票」と言われる。本書は戦後の大統領選挙と中間選挙、つまり国政選挙を年代順に分析した。これら選挙を軸に、内政・経済・外交・軍事などの米国政治のダイナミクスを概観する。


目次

第1部 戦後米国の歴代大統領
第1章 戦後米国の大統領
第2章 大統領選挙と中間選挙

第2部 戦後米国の大統領選挙と中間選挙
第1章 反共コンフォミティと保守主義(1940年代-1950年代)
第2章 リベラルの台頭と異議申し立て(1960年代)
第3章 政治スキャンダルと政治改革(1970年代)
第4章 「保守革命」の開幕と進展(1980年代)
第5章 変革の時代と政策課題(1990年代以降)
参考文献


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。