大学出版部協会

 

 「外国人法制」の憲法的統制に向けて日本国憲法における「国民」概念の限界と「市民」概念の可能性

日本国憲法における「国民」概念の限界と「市民」概念の可能性 「外国人法制」の憲法的統制に向けて

A5判 398ページ 上製
定価:5,600円+税
ISBN978-4-88125-148-5(4-88125-148-1) C3032
奥付の初版発行年月:2004年03月

内容紹介

日本国憲法のもとでの外国人法制につき、「国民」「国籍」と「市民」「市民権」概念の関係を究明した、深く、多面的取り組みによる憲法論の論考。イギリス法における「居住市民権」の考察を引いている。

著者プロフィール

佐藤 潤一(サトウ ジュンイチ)

1972年 東京生まれ
2003年 専修大学大学院博士後期課程修了 博士(法学)
現 在 専修大学大学院任期制助手・専修大学社会科学研究所特別研究員
著作・論文
「National Securityによる外国人の権利制限―イギリス1998年人権法の試練」『専修大学社会科学研究所月報』No.487,2004。「『国民』概念の限界と『市民』概念の可能性―「居住市民権」の提唱」憲法理論研究会編『憲法と自治』敬文堂,2003。「2001年イギリス総選挙調査報告 (資料)」(共著)『三重法経』118号,2001。京極高宣・高橋重宏編『平成15年度 学校法人社会事業大学日本社会事業学校通信課程副読本(第1版)』(「法学」の項目担当)北隆館,2003。
 

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

本書の目的と構成
第1部 憲法における「国籍」と「日本人」──「国民」概念の限界
第2部 「市民」概念の再検討──「シチズンシップ」論の批判的考察
第3部 イギリス法における「国籍」と「市民権」
第4部 国際人権規約における「市民」と市民概念の可能性
第5部 地方自治体における「参政権」
結論 地域的市民権と憲法解釈


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。