大学出版部協会

 

 発展と産業組織論日本のビール産業

日本のビール産業 発展と産業組織論

A5判 182ページ 並製
定価:2,400円+税
ISBN978-4-88125-129-4(4-88125-129-5) C3033
奥付の初版発行年月:2002年05月

内容紹介

80年代の製品差別化を巡る企業間シェア獲得戦争、90年代の量販店の出現、地ビール・発泡酒等の登場を分析し、規制の撤廃や地ビール育成を説く。ビールの歴史、市場構造、市場行動、ほか。

著者プロフィール

水川 侑(ミズカワ ススム)

1940年生まれ。[現職]専修大学経済学部教授。[専門]寡占経済論,産業組織論。
『現代日本の産業構造』(共著)三輪芳郎編,青木書店,1991。『日本の産業構造』(共著)大西勝明・二瓶敏編,青木書店。1999。『新版 現代経済入門』世界書院,2000。他

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

第1章 ビールおよびビール産業
 1.ビールとは何か
 2.ビールの歴史
 3.ビール産業の発展
第2章 市場構造
 1.売手集中度
 2.製品差別化
 3.参入障壁
 4.市場需要の成長率
第3章 市場行動
 1.価格設定政策
 2.製品差別化政策
 3.中見の製品差別化―味戦争
第4章 90年代におけるビール産業の新展開―市場行動(その2)
 1.規制緩和と価格破壊
 2.発泡酒の開発―ビール対発泡酒
 3.地ビールの誕生と成長
第5章 80~90年代における市場成果
 1.製品の多様化現象
 2.売上高及び利潤率の動向
 3.利益率の動向
 4.シェアの動向


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。