大学出版部協会

 

政治論集

近代社会思想コレクション04
政治論集

四六判 418ページ 上製
定価:3,700円+税
ISBN978-4-87698-962-1 C1310
奥付の初版発行年月:2010年06月 / 発売日:2010年06月下旬

内容紹介

社会変動、経済の好不況の波は21世紀を迎えてもいまだに現実であり、現代人の生活をなお翻弄している。自由平等にして、平和で安定した豊かな社会はどうすれば築けるのだろうか。こうした問題を近代政治経済論の古典に戻って再考してみよう。このような思いから、ヒュームの古典的名著を初めて全訳にて提供いたします。

著者プロフィール

田中 秀夫(タナカ ヒデオ)

京都大学経済学研究科教授 経済学博士

1949年 滋賀県生まれ

1978年 京都大学経済学研究科博士課程単位取得

甲南大学経済学部助教授、京都大学経済学部助教授を経て1994年より現職



主な著訳書

 『スコットランド啓蒙思想史研究』(名古屋大学出版会)、『啓蒙と改革——ジョン・ミラー研究』(名古屋大学出版会)、『共和主義の思想空間』(共編著、名古屋大学出版会)、『啓蒙のエピステーメーと経済学の生誕』(編著、京都大学学術出版会)、The Rise of Political Economy in the Scottish Enlightenment, eds. by Sakamoto and Tanaka, Routledge, 2003、ハーシュマン『方法としての自己破壊——現実的可能性を求めて』(法政大学出版会)、J. G. A.ポーコック『マキァヴェリアン・モーメント』(共訳、名古屋大学出版会)、ディキンスン『自由と所有』(監訳、ナカニシヤ出版)、フランシス・ハチスン『道徳哲学序説』(京都大学学術出版会)その他

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

論説一 商業について

論説二 奢侈について(N版から「技芸の洗練について」と改題) 

論説三 貨幣について

論説四 利子について

論説五 貿易差額について

論説六 勢力均衡について

論説七 租税について

論説八 公信用について

論説九 若干の注目に値する法慣習について

論説一〇 古代諸国民の人口稠密について

論説一一 新教徒による王位継承について

論説一二 完全な共和国についての設計案



付  録

一 貿易の嫉妬について(N版で登場)

二 原始契約について(D版で登場)

三 受動的服従について(D版で登場)

四 党派の歩み寄りについて(N版で登場) 



解 説

索 引(逆丁)


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。