大学出版部協会

 

シーア派聖地参詣の研究

東洋史研究叢刊 71(新装版 9)
シーア派聖地参詣の研究

A5判 422ページ 上製
定価:6,000円+税
ISBN978-4-87698-529-6 C3322
奥付の初版発行年月:2007年02月 / 発売日:2007年02月中旬

内容紹介

シーア派は,イランを中心に,十二イマームを奉ずる敬虔なムスリムである.彼らにとって,イマーム廟を参詣することは,メッカ巡礼に次ぐ重要な宗教行事であった.しかし,中核となる四聖地はイラクのバグダード周辺にあった.彼らは,オスマン朝が支配する隣国に危険も顧みず陸続と参詣した.19世紀後半,年間10万人を数えるその実態を貴重な一次史料をもとに描く.



一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。